会員情報1,286名を誤表示、情報流出の可能性│日本視能訓練士協会

画像:会員情報の一部流出について/公益社団法人日本視能訓練士協会より

公益社団法人日本視能訓練士協会は2020年4月25日、同協会が公式ウェブサイトで公開している情報について、所属会員の氏名情報や一部勤務先などの情報が、検索エンジンを経由した外部からのアクセスで、閲覧可能な状態にあったと明らかにしました。

同協会によれば2020年4月21日、協会会員から「インターネット上で当協会の会員名簿の一部が閲覧可能となっている」と指摘が入ったことにより発覚。協会側で調査を進めたところ、実際に特定個人の氏名などを記載したPDFファイルがウェブ検索対象により表示されている事実が確認され、事実の公表に踏み切りました。

東京都など1都4県の1,286名の情報流出か

日本視能訓練士協会はインシデントの原因について、「本来、表示すべきではないページが、表示設定になっていた」と分析しています。それも、確認されたファイルは1つでなく、東京都をはじめとした1都4県・合計1,286名にも及ぶとのこと。

ただし、流出数は利用した検索エンジンによって変動し、グーグル検索の場合は岡山県の155名に限られるが、Bing検索の場合は1,631名もの会員情報について、誤表示事案が生じました。

同社は今後の対策として、セキュリティ強化を徹底すると発表。今後は流出を起こさないよう、謝罪を表明しています。

参照会員情報の一部流出について/公益社団法人日本視能訓練士協会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?