メール誤送信により出願者らのアドレス805件が外部流出|創価大学

画像:個人メールアドレスの流出について//創価大学より

創価大学は2020年3月16日、同大学によるメールの誤送信が確認され、約805名分の個人メールアドレスが外部流出したと明らかにしました。

流出メールは同大学の出願者ら(1期・2期)に宛てたもので、内容は新型コロナウイルスに影響に伴う入学式の中止に関する案内。大学によると、メールは同大学通信教育部の事務室より発信されましたが、担当者が宛先設定の入力ミスを起こした結果、送信先でお互いのアドレスが共有される事象が発生し、流出が確定したと説明しています。

誤送信に気付き対処するものの、再び流出

なお、創価大学によると、大学側は送信後に流出の発生に気付き取消処理を進めましたが、その際にも宛先設定のミスが発生し、再び情報流出を起こしたと説明してます。

これを受け、創価大学はメールアドレス流出の被害者らに向け、謝罪を表明。今後は再発防止策として、個人情報の取り扱いに関するルールを見直し、徹底するとしています。

参照個人メールアドレスの流出について//創価大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?