他人が落としたスマホからデータ盗んだ疑いで20代清掃員逮捕

埼玉県警サイバー犯罪対策課は2020年3月12日、他人が落としたスマートフォンの中に含まれていたゲームデータを盗んだとして、不正アクセス禁止法違反の疑いで埼玉県朝霧市に住む清掃係員の男を逮捕したと明らかにしました。

同県サイバー犯罪対策課によれば、逮捕された男性は大宮駅周辺のカラオケ店に清掃員として出入りしており、業務中に利用客の40代男性が落としたスマートフォンを取得。スマートフォンの内部データに人気モバイルゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」のデータが含まれていたことから、機種変更用のコードを発行し、自分のデータとして使用していた疑いがもたれています。

ゲーム仲間の話聞いて通報、IPから容疑者特定へ

情報によると、事件発覚のきっかけは、被害男性がプレイしていたゲーム仲間からの「乗っ取り」に関する指摘です。被害男性はスマホ紛失後、ゲーム仲間の話から「自身のアカウントが乗っ取られている」と気づき、埼玉県杉戸署に被害届を提出。これをきっかけに県サイバー犯罪対策課が捜査を進めたところ、IPから清掃男性の特定に至り、逮捕に進みました。

なお、被害男性は自身のスマートフォンにセキュリティロックなどはしておらず、スマートフォンへのアクセス方法自体は、通常の手順によるものと見られています。

参照他人のゲームデータ、移した疑い 落とし物スマホから、男を逮捕/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?