サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

USBメモリ紛失で災害要支援者1万人超の個人情報流出か│富津市

  • LINEで送る

画像:USBメモリの紛失について/富津市より

富津市は2020年1月17日、同市の総務部防災安全課が管理する、避難行動要支援者名簿を記録した可能性のあるUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

問題となった避難行動要支援者名簿は、高齢者独居者や障がい者など支援を必要とする可能性の高い人ら1万795人の個人情報が記録したもの。USBは台風15号の被災時、支援対象者を確認するため職員が事務用のパソコンにデータを移動させるため使用したところまでは確認が取れていますが、レターケースにて保管するうちに、行方不明になりました。

二次被害は確認されず、庁内紛失の可能性が高いか

富津市が確認を進めたところ、USBメモリは外部に持ち出されておらず、市は庁内で紛失した可能性が高いと見ています。

記事発表時点で紛失による二次被害は確認されていませんが、同市は対象者らに謝罪を表明。再発防止策として、鍵のかかるロッカーにUSBメモリを保管し、USBメモリもパスワードによるセキュリティ機能を搭載したものに切り替えると発表しました。

参照USBメモリの紛失について/富津市

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。