サーバ設定ミスで学生情報1,187件が外部閲覧できる状態に│室蘭工業大学

画像:室蘭工業大学より

室蘭工業大学で2019年11月、大学ホームページの更新設定ミスが発生したことにより誤掲載が発生し、同大学に所属してた学生ら1,187名ほどの個人情報が流出していたと明らかになりました。

同大学によると誤掲載は2019年9月18日に実施した、大学サーバーの設定変更時に発生。本来はパスワード入力が求められる教員用のページが公開状態になったことにより、学生の個人情報が公開状態になっていたことが判明したというもの。教員用ページには、一部学部の学生らの氏名のほかメールアドレスが成績データなどが含まれていたとしています。

卒業生から指摘が入り発覚

インシデントは2019年10月11日、同大学の卒業生から「個人情報が閲覧可能な状態になっている」と指摘が入り発覚しました。

同大学が確認を進めたところ、前述の教員用ページが公開状態になっており、2006年~2013年に大学に卒業していた学生ら1,187名の個人情報が閲覧可能な状態にあると発覚。誤掲載による二次被害は確認されていませんが、今後、謝罪を進めるとしています。

参照本学Webサーバからの個人情報の漏えいについて(お詫び)/国立大学法人室蘭工業大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?