サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

BITPointから仮想通貨35億円が流出か、サービス全面停止で原因調査|株式会社リミックスポイント



画像:BITPointより

株式会社リミックスポイントは2019年7月12日、仮想通貨交換所を営む子会社のビットポイントジャパン社から、リップルなど合計5種類の仮想通貨に不正な流出が発生したと明らかにしました。

同社は被害額について、2019年7月11時点で概算約35億円(顧客預かり分は25億円)ほどが見込まれると発表。現在はビットポイントジャパンのサービスを全面的に停止し、流出の原因や金額の特定など、詳細な調査を進めている状況です。

事案の経緯は?

リミックスポイント社によると2019年7月11日の22時12分ごろ、リップルの送金に関するエラーを検出。ビットポイントジャパンのシステム部門が対応を進めたところ、流出が確認され、インシデント発生が明らかとなりました。

また同部門が他の仮想通貨について調査を進めたところ、ビットコインやイーサリアムなど他の通貨流出も確認。2019年7月12日の緊急会議を経て、今回の発表へと至ったと説明しています。

時間 経緯
2019年7月11日 22時12分頃 リップルの送金に関するエラーを検出。
情報システム部門等で対応を開始。
2019年7月11日 22時39分頃 リップルの不正な検出を確認。
他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始。
2019年7月12日 2時00分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。
2019年7月12日 3時0分頃 ビットポイントジャパンにて緊急会議を実施。
2019年7月12日 6時30分頃 仮想通貨の送受金を停止。
2019年7月12日 10時30分頃 仮想通貨の売買・交換など全サービスを停止。

ホットウォレットから流出か

リミックスポイント社は取引の円滑な進行のため、一部の仮想通貨をホットウォレット内にて管理していると明かしています。そして調査の結果、今回の流出はホットウォレット内からのものと判明したと説明。コールドウォレット内にて管理している法定通貨、仮想通貨については流出が確認されていないと明かしました。

同社はインシデントにより顧客側に発生した被害について、「お客様からの預かり資産に被害が生じないように、BPJにおいて補償するなど、責任をもって対応する方針」と明かしています。

参照当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)/株式会社リミックスポイント


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。