7payの全チャージ機能を停止、被害は全額補償か|緊急会見で公表

画像:一部アカウントへの不正アクセス発生による チャージ機能の一時停止についてより

株式会社セブンアンドアイホールディングスは2019年7月4日の午後2時から、7payに関する緊急会見を開催し、被害状況等の説明を進めました。

会見では6:00時点での被害額(約900名・5,500万円)が明かされたほか、不正出金によるユーザー被害分については(カード会社の補償分も含め)全額補償すると発表。更に2019年7月3日に実施したクレジットカード・デビットカードによるチャージ機能の凍結を強化し、店頭によるチャージなどすべてのチャージサービスを一時停止を決定しました。

現在利用分は使用可能

会見では「なぜすべてのチャージ機能を停止しないのか?」といった趣旨の質問が出されました。これに対してセブン側は「利便性とのバランスを見てカードによるチャージを停止したところ、被害が減ってきた」と回答。

また不正検出機能を強化したほか、不正利用分の補償を提供するなどの対処が可能である点を説明し、現在のチャージ分は使用できるとの判断を下したとしています。

参照一部アカウントへの不正アクセス発生による チャージ機能の一時停止について

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?