立命館大学応援団OBOGの個人情報約1,000件が含まれたUSBメモリを紛失

画像:立命館大学応援団OBOGの個人情報データを記録したUSBメモリ紛失に関するお詫びとご報告/立命館大学より

立命館大学は2019年6月24日、立命館大学応援団OBOGの個人情報約1,000件を含んだUSBメモリを紛失したと明らかにしました。USBメモリの紛失は、2019年4月27日に発覚。同大学応援団部員が2019年4月23日に使用してから、所在不明の状態が続いていたとのことです。

大学側は警察当局や交通機関などに遺失届を提出するなど対応を進めているものの、記事発表時点で発見に至っていません。

暗号化されていないファイルが記録

USBメモリの内部には、個人情報を記録していたワード・エクセルのデータが記録されていました。大学側の発表によると、どちらのファイルも暗号化はされておらず、平文の状態とのこと。

各ファイルに記録されていた個人情報は、下記の通りです。

対象となるファイル 対象の情報内訳
エクセルファイル 氏名、住所、卒団年、電話番号(2000年頃より前に卒団した人のもの)
ワードファイル エクセルデータを元に作成された宛名ラベル

同大学は今後、団体が保有する個人情報を含むファイルにパスワード設定を実施する他、個人情報データの外部持ち出し規制など情報管理の規定化・明文化を進めるなど、再発防止に向けて取り組む考えを示しています。

参照立命館大学応援団OBOGの個人情報データを記録したUSBメモリ紛失に関するお詫びとご報告/立命館大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?