不正アクセス受けカード情報最大2,507件流出か|有限会社ジャングル

画像:不正アクセスによる個人情報漏洩に関するお詫び/有限会社ジャングルより

有限会社ジャングルは2019年5月28日、同社が個人情報を保存していたサーバーが何者かのサイバー攻撃を受け、同社通販事業を利用した顧客のクレジットカード情報最大2,507件に流出の可能性が生じたと明らかにしました。

攻撃を受けたサーバーは、ジャングル社システム受託会社のもの。同社はインシデント発覚後、サイト公開の停止を決定。合わせて影響を受けた顧客らに向けて、謝罪を表明しています。

インシデントの経緯は?

インシデントは2018年11月6日、ジャングル社が契約しているカード会社より、「通販サイトからカード情報が流出している可能性がある」と通知を受け、明らかになりました。

同社はその後、サイトの公開を停止を決定し、第三者機関にフォレンジック調査を依頼。ところがサーバーを管理していたシステム会社は、情報流出の可能性について通知を受けた後、カード情報を全て削除。これにより第三者調査会社は、漏洩したカード情報の特定ができなかったと説明しています。

なお同社はその後、契約している各カード会社に連絡を進め、不正利用などの調査を依頼。被害規模を把握したうえで、インシデントを公表したと説明しています。

流出情報の内訳は?

ジャングル社によると、不正アクセスの影響は下記の通り。

流出件数などについては、フォレンジック調査では流出したカードの情報や流出した期間が明らかにされず、カード会社側のデータや不正利用の発生状況から決定されたものです。

対象となるユーザー 対象期間 対象件数 対象の情報内訳
オンラインショップでカード決済したユーザー 2017年5.月2日~2018年11月6日 最大2,507件 カード番号・カード有効期限・セキュリティコード・カード名義人

参照<不正アクセスによる個人情報漏洩に関するお詫び/有限会社ジャングル

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?