決済フォーム改ざん被害、クレジットカード情報1,045件流出か|ジェイ・ワークス株式会社

画像:弊社が運営する「ショコラ ベルアメール」のオンラインショップへの不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/ジェイ・ワークス株式会社より

ジェイ・ワークス株式会社は2019年4月15日、同社が運営するオンラインショップサイト「ショコラ ベルアメール」にて、クレジットカード情報1,045件に流出の可能性が生じたと明らかにしました。

同オンラインショップ利用者から2019年1月21日に、「決済フォームが二重に存在している」と指摘を受け発覚。通報を受けた同社が第三者調査機関に調査を依頼したところ、サイト内の脆弱性が発見されたとのことです。

約半年間流出し続ける

同社が発表した告知事項によると、攻撃者は2018年8月2日に不正アクセスを実施。2018年8月6日には、決済手続き画面の間に偽のフィッシングサイトを差し込む手法で、クレジットカード情報を盗み取り続けていたものと思われます。

被害を受けた可能性のある情報項目は、下記の通りです。

対象となるユーザー 対象期間 対象件数 対象の情報内訳
オンラインショップでカード情報を入力したユーザー 2018年8月2日~2019年1月21日 1,045件 カード番号・有効期限・カード名義人名・セキュリティコード

参照弊社が運営する「ショコラ ベルアメール」のオンラインショップへの不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/ジェイ・ワークス株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?