兵庫・新潟など合計9県警は2019年3月16日、他人のTポイントを不正に利用した疑いで、大阪浪速区に住む中国人夫婦を逮捕したと明らかにしました。

県警によると、夫婦は2018年頃から不正入手したTポイントを使用し、コンビニエンスストアで約5万円相当の加熱式たばこなどに交換。これを国内外に向けて転売し、利益を得ていた疑いが持たれています。

不正入手した個人情報をアプリに入力

警察の捜査によると、夫婦は何らかのルートで入手した他人の個人情報を、アプリに入力する手口でポイントを奪取したとのこと。

同様の手口による被害は約400万円相当を数えており、警察は両容疑者らが他の不正アクセスにも関与している可能性があるとみています。

参照他人の「Tポイント」で商品購入した夫婦逮捕 不正入手した個人情報でアクセスか/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?