誤送信でメルマガ受信者らの個人情報158件が流出|みのぶ自然の里

画像:みのぶ自然の里より

山梨県に位置するみのぶ自然の里は2019年1月18日、同施設のメールマガジン配信時にミスが発生し、購読者らのメールアドレスや氏名など合計158件(うち氏名メールアドレスに紐づく氏名は31件)が流出したと明らかにしました。

同施設の発表によると、流出の原因は送信宛先の入力ミス。本来宛先間のメールアドレスを表示しない「Bcc」設定で送信すべきところを、誤って「To」設定で送信していたとのことです。

購読者からの指摘を受け発覚

今回の流出は2019年1月17日に、メールマガジン購読者から流出の指摘が入り発覚しました。

指摘を受けたみのぶ自然の里側が調査を進めたところ、過去に配信したメールマガジンにて宛先設定のミスが発覚。施設側は該当メールの削除を要請するとともに、影響を受けた可能性のある顧客らに向けて個別に文章を送信するの対応を取るとしています。

ダブルチェックの導入を発表

みのぶ自然の里は今回のインシデントに対する再発防止策として、

  • 重要なメールや一斉送信メールを配信する際に遵守すべき事項を全職員に周知徹底する
  • 電子メールを送信する際は宛先の設定を複数名でチェックする

上記のように、ダブルチェックなどを導入すると説明しています。

参照メールアドレス流出に関するお詫び/みのぶ自然の里

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?