内閣府は2018年11月9日、政府による世論調査記録「インターネットの安全・安心に関する世論調査」の概略版を公表しました。

同資料によると、インターネットを利用に関連するトラブルについて、対象となった国民のうち67.6%は、不安を感じることについて肯定的な回答をしたことが判明。ネット利用に対する不安が問われた2015年度調査時(56.4%)よりも10%以上増加しており、多くの不安を感じていることが浮き彫りになりました。

(注:20才以上を対象としてた平成27年度と比べ、今回は18才以上が対象。多少数値に影響を及ぼしている可能性があります)

個人情報の流出を最も警戒

同資料は、「国民が具体的にどのようなリスクを不安に感じているか」についても、調査結果を発表しています。

これによると回答した国民のうち、約79.6%は「個人情報の流出」と回答。続いて「詐欺などにあって、金品などを取られること」(51.7%)や「子供や家族が危険な目に遭うこと」(45.2%)についても、不安を感じていることが明らかになっています。

高まるネットリスクに対する不安

今回の調査記録について、2018年11月13日の段階で公式的な見解や比較検討は発表されていません。

しかし調査年齢の引き下げを考慮しても、ネットリスクに対する不安が高まりは明らかです。大手SNSを中心に個人情報の流出懸念が報じられる頻度も多く、社会的な心配に影響を及ぼしているものと考えられます。

参照インターネットの安全・安心に関する世論調査(平成30年9月調査)/内閣府

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?