画像:不正トラベル対策の実施/日本サイバー犯罪対策センターより

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は2018年10月18日、外部に流出したクレジットカード情報が、特に不正トラベルを目的に、旅行関連サービスに利用されていると公表しました。

同センターがその手口を分析したところ、不正利用グループは盗み取ったクレジットカード情報を、旅行関連サービスの不正購入に利用しているとのことです。

海外旅行者からもカード情報を窃取

日本サイバー犯罪対策センターによると、カード情報を盗んだ犯人グループは旅行代理店を名乗り、海外で不正な旅行商品の販売に手を染めているとのこと。

旅行者から宿泊などの申し込みを受け付け、ホテルや航空券などの手配を決済を行い、不正に利益を得ているものと見られています。

もちろんこれらは、購入手続き前にカード名義人やカード会社が気付けば、防ぐことが可能です。しかし気付かれないまま決済が完了した場合、依頼者は犯行グループが正規の方法で決済を行ったと信じ、代金を支払ってしまいます。

「不正トラベル」防止に向けて

JC3ではこうした不正トラベルの被害を受けないよう、注意喚起を呼び掛けています。カード情報はフィッシングメールやマルウェア感染により流出が起きるため、当然警戒すべき事案です。

また旅行サービスの利用を行う場合は、正規のサービスを提供している旅行事業者を選択することにも留意すべきとしています。

参照不正トラベル対策の実施/日本サイバー犯罪対策センター

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?