警視庁サイバー犯罪対策課が2018年10月18日までに、大手IT企業「楽天株式会社」のサーバーに不正アクセスを行った中国人を逮捕していたことが明らかになりました。

容疑者は2016年に不正アクセスを行いポイントを入手し、転売目的で医薬品「龍角散ダイレクト」などを購入していた疑いが持たれています。

他人のIDを用いて買い子に指示

警視庁および各報道メディアによると、容疑者はリスト型攻撃などの手口で他人のアカウントに不正にログインしたとのこと。

その後アカウント内のポイントをカードに移動し、複数の別の中国籍の人物らを「買い子役」に命じることで、中国で人気の医薬品「龍角散ダイレクト」を約8万円相当購入した疑いが持たれています。

なおサイバー犯罪対策課によると、容疑者らは同様の手口を用いて他社のポイントも不正に入手。合計200万円相当の金額を手に入れた疑いも持たれています。

劉容疑者は容疑を否認

容疑者は記事発表時点で、不正アクセスや買い子役への命令など、一連の容疑を否認しているとのこと。ただし同事件で逮捕された買い子の留学生らは既に有罪判決を受けており、容疑者が指示していたものと見られています。

参照中国籍の男、ポイント盗み「咳止め薬」を大量購入/Yahoo!ニュース
参照他人のポイントで商品詐取 容疑の中国人逮捕 警視庁 /日本経済新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?