画像:アサヒ軽金属工業株式会社より

アサヒ軽金属工業株式会社(以下アサヒ軽金属)は2018年8月2日、同社が運営する「Webショッピングサイト」が何者かのサイバー攻撃を受けた事案を発表しました。

同社によると、攻撃により最大7万7,198件のクレジットカード情報が漏えいした可能性が確認されたとのこと。規模が非常に大きく、同社は個別メールの謝罪に追われています。

事案の経緯は?

アサヒ軽金属の発表によると、2018年6月6日にカード会社から「お客様のクレジットカード情報の流出懸念」について連絡を受け、発覚へ至ったとのこと。通報を受けた同社は2018年6月8日にサイト上のカード決済を停止。更に第三者専門調査機関「PCF社」による調査を実施したと説明しています。

なお、同社は発表が遅れた点について、「第三者調査機関の最終報告書をもって報告する事とさせていただきました」と述べています。

被害の規模は?

2017年1月14日~2018年5月25日の間に、同社ウェブサイトにて決済を行った最大7万7,198名の方が対象。情報内訳は下記の通りです。

  • カード会員名
  • クレジットカード番号
  • 有効期限

なお、同社は再発防止のために、システムのセキュリティ対策及び体制の強化を行うと説明しています。

参照弊社が運営する「Webショッピングサイト」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/アサヒ軽金属工業株式会社より

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?