画像:アサヒ軽金属工業株式会社より

アサヒ軽金属工業株式会社(以下アサヒ軽金属)は2018年8月2日、同社が運営する「Webショッピングサイト」が何者かのサイバー攻撃を受けた事案を発表しました。

同社によると、攻撃により最大7万7,198件のクレジットカード情報が漏えいした可能性が確認されたとのこと。規模が非常に大きく、同社は個別メールの謝罪に追われています。

事案の経緯は?

アサヒ軽金属の発表によると、2018年6月6日にカード会社から「お客様のクレジットカード情報の流出懸念」について連絡を受け、発覚へ至ったとのこと。通報を受けた同社は2018年6月8日にサイト上のカード決済を停止。更に第三者専門調査機関「PCF社」による調査を実施したと説明しています。

なお、同社は発表が遅れた点について、「第三者調査機関の最終報告書をもって報告する事とさせていただきました」と述べています。

被害の規模は?

2017年1月14日~2018年5月25日の間に、同社ウェブサイトにて決済を行った最大7万7,198名の方が対象。情報内訳は下記の通りです。

  • カード会員名
  • クレジットカード番号
  • 有効期限

なお、同社は再発防止のために、システムのセキュリティ対策及び体制の強化を行うと説明しています。

参照弊社が運営する「Webショッピングサイト」への不正アクセスによる個人情報流出に関するお詫びとお知らせ/アサヒ軽金属工業株式会社より

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。