画像:千葉県警より

千葉県警サイバー犯罪対策課は2018年6月20日、不正アクセス禁止法違反の疑いで京都府に居住する私立高校の少年(16)を書類送検したことを明らかにしました。

情報によると、容疑者となった少年は不正アクセスを行い他人のアカウントを窃取。その後、別の人物に1件500円で販売していたとのことです。

偽サイトに誘導して不正アクセス

県警の捜査によると、少年はTwitterにて「無料音楽アプリをダウンロードする方法を教える」とツイートすることでターゲットを確保。その後、自身が作成したフィッシングサイトに誘導することで、ユーザー名やパスワードのアカウント情報を窃取したと見られています。

なお、既に31件のアカウント被害が確認されており、今後追及が進むものと見られています。

「暇だったらからやってみようと思った」

書類送検された少年は動機について、「暇だったから乗っ取りをやってみようと思ったらできた」と受け取れる趣旨の発言を行っているとのこと。

なお、販売したアカウントに関しては、10件ほど販売したことを認めているようです。ただし、販売先や販売後の悪用の有無は不明です。

参照ツイッター不正アクセス 容疑の高校生「暇だったので乗っ取り」 他人のアカウント販売、偽サイト作り入手か/Yahoo!ニュース 千葉日報

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?