画像:野村ホールディングス株式会社/海外子会社のシステムに対する不正アクセスについてより

野村ホールディングス株式会社は2018年6月14日、海外子会社「インスティネット・ヨーロッパ・リミデッド」のシステムが不正アクセスを受けた事を公表しました。

発表によると、攻撃はマルウェアによるもので、一部のデスクトップ・ネットワークへの不正アクセスが確認されたとのこと。

漏洩リスクが高まり発表へ

発表によると、同社は2018年6月4日(米国時間)に不正アクセスを確認。現在までサイバーセキュリティ会社など専門家との協力を行い、調査と対策を開始したと説明しています。

同社は不正アクセスの詳細な手口や原因等は明らかにしていませんが、調査過程において「顧客情報が流出した可能性が高まった」と言及。漏洩可能性はかなり高いものと考えられます。

現システムへの影響はなし

同社は既にインスティネット社のトレーディングシステムに不正アクセスの影響がない事を確認しています。

また、同時にグループ企業への影響についても言及。インスティネットのシステムは他のグループ企業のシステムと独立しているため、グループ内他社のシステムにも影響はないとのことです。

参照海外子会社のシステムに対する不正アクセスについて/野村野村ホールディングス株式会社(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?