サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「ICO」にサイバー攻撃が急増、これまでに4億ドルが盗取か



2018年1月24日、モスクワに所在するサイバーセキュリティ関連企業「グループIB」は、ブロックチェーンを用いた資金調達「ICO(initial coin offering)」が、月あたり100回以上のサイバー攻撃を受けていることを公表しました。

ICOは仮想通貨関連で急激な過熱状態にあり、多くの注目を集めるコンテンツ。同社はICOについて、非常に大きなリスクを内包しているとの見方を示しています。

ハッカーによる攻撃は10倍に増加か

グループIBは今回の発表について、2017年の初めからICOに行われたサイバー攻撃の分析を継続したところ、なんとサイバー攻撃が10倍に増加していたと説明。攻撃者の目的は当然「調達資金の盗取」です。

更に驚くべきことに、同社は「ICOを利用して調達された37億ドルの資金のうち、既に4億ドル相当がサイバー攻撃により盗み出された」と報告しています。

フィッシング詐欺が横行

グループIBの調査報告によると、こうした被害の大半は、偽メールやウェブサイトを利用した「フィッシング攻撃」により発生。古典的な手法ではあるものの、巧妙化の一途を辿っているサイバー攻撃です。

また、攻撃者によってはサイバー攻撃を用いてウェブサイトの改ざんなどを行い、正規のサイトを用いて攻撃を行う可能性もあるとのことです。

〈参照〉
ICOへのサイバー攻撃は月平均100回、格好の標的に=報告書/Yahoo!ニュース

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。