12月21日、東京海上日動火災保険及びあんしん生命保険は、同社の代理店「東海日動パートナーズ中国四国店」が何者かのサイバー攻撃を受けたことを公表。法人情報を含めて約5,400件分の情報が漏洩したと述べました。

また、漏洩した情報の中には、一部銀行口座や健康情報などのセンシティブ情報が含まれていることが判明。大きな波紋を呼んでいます。

事件の概要は?

事件が起きたのは12月12日、同社代理店の所在する広島県三次支社と山口県下関支社の2カ所で不正アクセスが検知されたことがきっかけです。

その後同社が確認したところ、「氏名や住所・電話番号など」の外部流出を確認。一部の銀行口座や健康情報も漏洩した可能性が明らかになりました。

東京海上日動によると、「現在これらを悪用した被害は確認されていない」とのことですが、今後予定されている詳細調査の結果次第では、更なる漏洩が確認される可能性も否定できません。

セキュリティー体制の構築に努める

東京海上日動は火災保険や生命保険だけでなく、こうした不正アクセス事件に対応する「サイバーリスク保険」を提供している企業です。

同社は「セキュリティー強化に取り組む」と述べているものの、こうした背景事情を考慮すると、顧客を納得させるに値する十分な説明と強化体制が望まれると言えるでしょう。

〈参照〉
代理店 東海日動パートナーズ中国四国における 東海日動パートナーズ中国四国におけるお客様情報の漏えいについて(PDF)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。