画像:JC3より

12月11日、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)はマルウェア「Dreambot(ドリームボット)」の国内感染拡大が確認されたことを発表しました。

「Dreambot」は感染するとネットバンクの不正送金を行おうと試みるマルウェアであり、過去深刻な被害を及ぼした事例が報告されています。

リンク型メールで検出回避

「Dreambot」を利用した攻撃の大半は、企業関係者に対してフィッシングメールを送信する形式で行われています。従来は添付ファイルを用いたものが多かったのですが、最近は添付ファイルを用いない「リンク型メール」が横行。

JC3はこうした動きについて、自動検出やユーザーの目をかいくぐり、巧みに感染を狙う傾向にあると述べています。

対策と注意の再確認

JC3がウイルスメールの注意喚起を行う頻度は毎月まちまちですが、2017年10月から11月にかけては、過去12カ月中最多となっています。多くは有名ネットバンクやソフトウェア会社を騙ったものであり、文章も本物と見紛うばかりの仕上がりです。

同センターではこうした動きに警戒を募らせており、簡易チェックツールを提供しつつ、セキュリティの再確認を行うことを促しています。

〈参照〉
インターネットバンキングの不正送金の被害に注意〜「DreamBot」の感染拡大を確認〜/JC3

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?