ブラザー販売株式会社、985名分の顧客メアドが流出か

[更新]

この記事は約 2 分で読めます。



画像:ブラザー販売株式会社HPより

10月4日、ブラザー工業株式会社の子会社「ブラザー販売株式会社」は、作業工程のミスにより、同社が展開するキャンペーンに関係する顧客情報の流出事故が発生したことを公表しました。

なお、同社報告によると流出した情報は、985名分のメールアドレスと限定的。クレジットカードや銀行口座等の情報漏洩は無いものと発表しています。

985名のメールアドレスが流出か

事件が発生したのは10月2日の18時頃。同社が展開する「スキャンカットモニターキャンペーン」の応募者に対して案内メールを送信する際に、担当者が本来の配信サービスを利用せず手動で作業を実施したことに起因しています。

該当担当者には顧客情報の漏洩を起こす意図はなかったのですが、手動操作時に誤って全員のメール情報を共有状態にして、キャンペーン参加者に送信。

結果として、参加者全員にメールアドレスの伝達が行われてしまったとのことです。

再発防止策は?

同社は今回の事件を受けて、電子メールでお詫びと報告を行うとともに、個別に電話連絡も行っていると発表しています。

また、再発防止策として、同社従業員及び関係者にメール配信サービスの利用を徹底し、情報管理体制の強化の一環として、従業員教育行う事を予定しているとのことです。

<参照>
メールアドレスの流出に関するお詫びとご報告/ブラザー工業株式会社
ブラザー販売株式会社

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース