サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

エディオン不正アクセス事件、主犯格の中国籍男性逮捕|大阪府警



9月14日、大阪府警サイバー犯罪対策課は、詐欺容疑で張宇輝容疑者(中国籍の無職)を逮捕・送検したと公表しました。

張宇輝容疑者は2016年12月、大手家電量販店「エディオン」に不正アクセスを行い、同社のエディオンポイントを不正取得したグループに対する関与の疑いがもたれているとのことです。

<参照>当社「エディオンアプリ」を利用した不正アクセスについて/株式会社エディオン

実行犯が購入した商品を転売

張宇輝容疑者は、既に逮捕・起訴されている元中国籍の藤山嘉崎被告の幼馴染で、同社のサーバにサイバー攻撃を実行した張本人と見られています。

張宇輝容疑者は不正に入手した他人のIDを藤山被告らのグループに送信し、不正に購入したゲーム機(販売価格約3万7千円)を転売させていたものと考えられており、実質的な指示役と見ることができそうです。

幼馴染の供述により容疑が発覚

逮捕の決め手となったのは、張宇輝容疑者の幼馴染である藤山被告の供述です。

背後に張宇輝容疑者の存在を示す発言を行ったため、大阪府警は9月12日に再入国した同容疑者を逮捕。そのまま捜査を進めて書類送検へと至りました。

今回の逮捕を以って事件は解決と思われましたが、府警では同容疑者のバックにまた別の指示役がいた可能性を指摘、操作を進めているとのことです。

<参照>エディオンポイント不正利用容疑 指示役の中国人を逮捕 大阪府警/Yahoo!ニュース


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。