9月5日に行われた閣議後記者会見で、野田聖子総務相が既存のIoT機器のセキュリティ的な脆弱性を組織的にチェックすることを始めると発表しました。総務省によると、今回の発表における調査は今月からスタートし、2017年内には結果を公表すると述べています。

サイバーセキュリティにおける技術的な遅れは、日本全体で指摘されている部分です。今回の調査結果がどのようなものになるか、関係者の注目を集めています。

増加の一途を辿るサイバー攻撃への対応が目標

今回の大規模な調査は、総務省がIoTセキュリティに明るい横浜国立大学等と連携して、国内のIoT機器を対象に実施するとのこと。外部からの不正アクセスに対するセキュリティ性能をチェックすることで、増加するサイバー攻撃に対する防御能力を調べようという狙いがあるようです。

特に鉄道や通信、発電所やダム等の生活インフラに欠かせないシステムが攻撃を受けることを危険視。これらのシステムと連携するIoT機器は中心的な調査対象です。

脆弱なIoT機器に注意喚起

総務省によると、今回の調査結果で問題が判明したIoT機器については、所有者に対して注意喚起を行うと述べています。また、特定のメーカーの機器に問題が集中する等の結果が生じた場合は、メーカーに対して情報を提供し、改善を促すように働きかける方針とのことです。

<参照>
総務省、IoT機器の脆弱性調査 サイバー攻撃増加に対応/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事