JC3「DreamBot」の注意喚起、仮想通貨取引所などでの被害拡大を懸念

この記事は約 2 分で読めます。



画像:日本サイバー犯罪対策センターより

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、インターネットバンキングマルウェアである「DreamBot」が猛威を振るっていることを受けて、注意喚起を行いました。

「DreamBot」は、2016年に流行したネットバンクの不正送金を目的としたマルウェア「Gozi」の後継プログラムとして知られており、被害の拡大が懸念されている状況です。



攻撃対象は仮想通貨取引所か

「DreamBot」の脅威は既に2017年3月に注意喚起が行われた経緯があります。しかし、日本サイバー犯罪対策センターがその後「DreamBot」の解析を進めたところ、衝撃的な事実が明らかになりました。

JC3は「同マルウェアは最近、認証機能を窃取するターゲットとして仮想通貨取引所やウェブウォレットを追加した」と述べています。

折しも世間はビットコインの分裂により、仮想通貨に対する関心が高まっている時期。万が一の不正送金被害に遭わないためにも、「DreamBot」への対策が求められています。

求められる「DreamBot」対策

「DreamBot」は従来のウイルス入りの添付メールや不審なURLへのリンク感染はもちろん、その他様々な感染経路を持つことで知られているマルウェアです。また、古典的なスパムメールも年々巧妙になってきており、見分けるのが難しいケースも報告されています。

JC3はうかつに添付ファイルやリンクを踏まないように注意喚起するとともに、仮想通貨取引の際にに段階認証やアラート設定を行うことや、電話番号やSMS認証などのセキュリティ性が高い手法を用いることを促しています。

<参照>
仮想通貨取引所等のウェブサイトがインターネットバンキングマルウェア「DreamBot」の標的となるおそれについて/日本サイバー犯罪対策センター

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ