画像:SHARPホームページより

シャープ株式会社が提供する複数の住民基本台帳用 IC カードリーダライタのドライバソフトインストーラおよび動作確認ツールにおいて、DLL 読み込みに関する脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによると、影響を受けるシステムは以下のとおり

【影響を受けるシステム】

  • RW-4040 ドライバソフトインストーラ Windows 7 用 バージョン 2.27 (RW4040V2.27_win7V.exe) - CVE-2017-2189
  • RW-5100 ドライバソフトインストーラ Windows 7 用 バージョン 1.0.0.9 (RW5100V1.0.0.9_win.exe) - CVE-2017-2191
  • RW-5100 ドライバソフトインストーラ Windows 8.1 用 バージョン 1.0.1.0 (RW5100V1.0.1.0_win8.exe) - CVE-2017-2191
  • RW-4040 動作確認ツール Windows 7 用 バージョン 1.2.0.0 (RW4040Test_win7V.exe) - CVE-2017-2190
  • RW-5100 動作確認ツール Windows 7 用 バージョン 1.1.0.0 (RW5100Test_win7.exe) - CVE-2017-2192
  • RW-5100 動作確認ツール Windows 8.1 用 バージョン 1.2.0.0 (RW5100Test_win8.exe) - CVE-2017-2192

引用:シャープ製住民基本台帳用 IC カードリーダライタ関連の複数のソフトウェアにおける DLL 読み込みに関する脆弱性

上記システムではインストーラや動作確認ツールを実行している権限で、任意のコードを実行される可能性があるとのことで、JVNは、開発者が提供する情報をもと最新のインストーラおよび最新の動作確認ツールを使用するよう注意を呼びかけている。

【最新のインストーラ】

  • RW-4040 ドライバソフトインストーラ Windows 7 用 バージョン 2.27A (RW4040V2.27_A_win7V.exe)
  • RW-5100 ドライバソフトインストーラ Windows 7 用 バージョン 1.0.0.9A (RW5100V1.0.0.9_A_win.exe)
  • RW-5100 ドライバソフトインストーラ Windows 8.1 用 バージョン 1.0.1.0A (RW5100V1.0.1.0_A_win8.exe)

※ドライバソフトが本脆弱性の影響を受けるのはインストーラの起動時のみのため、既存のユーザはドライバソフトをアップデートする必要はない

【最新の動作確認ツール】

  • RW-4040 動作確認ツール Windows 7 用 バージョン 1.2.0.0A (RW4040Test_A_win7V.exe)
  • RW-5100 動作確認ツール Windows 7 用 バージョン 1.1.0.0A (RW5100Test_A_win7.exe)
  • RW-5100 動作確認ツール Windows 8.1 用 バージョン 1.2.0.0A (RW5100Test_A_win8.exe)

<参考>
シャープ製の住民基本台帳用ICカードリーダーの関連ソフトに脆弱性 - 修正版の利用を/Security NEXT
シャープ製住民基本台帳用 IC カードリーダライタ関連の複数のソフトウェアにおける DLL 読み込みに関する脆弱性/JVN

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事