画像:セキュアブレインホームページより

株式会社セキュアブレインは、WEBサイトの改ざん対策ソリューション「GRED Web改ざんチェック Cloud」に、ワンクリックでWEBサイトの脆弱性を診断する機能を追加したと発表した。このリリースに関しては、今年2月より多数報告された「WordPress」の脆弱性に対応するるもの。

同ソリューションは、不正なスクリプトやクロスドメインスクリプトを検知すると、管理者へアラートメールで通知するとともに、詳細なレポートを表示する。そのレポートでは、改ざんを検知したURLと改ざんのカテゴリなどを表示。また検知したページのソースコード内で改ざんの疑わしい箇所をハイライト表示するため、より迅速な対応が可能になる。

「GRED Web改ざんチェック Cloud」の簡易脆弱性診断機能は、管理コンソールからログインし、診断実行のボタンをクリックするだけで、「WordPress」のテンプレートやテーマ、プラグインに脆弱性がないかチェックする。脆弱性があった場合は、バージョンや脆弱性の内容を表示し、アップデートなどの情報を提供しているサイトや参照情報を提示する。

同社は、Web改ざん対策製品として「GRED Web改ざんチェック Cloud」が業界標準になるよう、 今後も機能拡張、強化に努めていくとしている。

<参考>
セキュアブレイン、Web改ざん対策ソリューション「GRED Web改ざんチェック Cloud」に簡易脆弱性診断機能を追加/セキュアブレイン
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能/Security NEXT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?