画像:NikonDirectより

株式会社ニコンイメージングジャパンが運営するオンラインショップ「NikonDirect(ニコンダイレクト)」において、ある期間購入・問い合わせ時にユーザーが入力する情報のSSL暗号化通信が行われていなかったことが判明しました。

原因として同社では「一部設定の不備」と発表していますが、発表時点で不備の修正は完了し、クレジットカード会社への不正利用のモニタリングなども行っているとのことです。

事件概要

期間 2017年1月27日(金)午後1時30分~2017年2月8日(水)午前10時27分
対象 ニコンダイレクトで購入・問い合わせをしたユーザー654名(内187名はクレジットカード情報含む)
情報の詳細 問い合わせ時の入力情報
クレジットカード情報
・カード番号
・カード名義
・カード有効期限
・セキュリティコード

同社では、再発防止に向け努めていくとしています。

<参照>
【重要なお知らせ】お客様情報の通信暗号化不備に関するお詫びとお知らせ(ニコンダイレクト)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。