ニュースの概要

脆弱性対策情報ポータルサイトJapan Vulnerability Notes(JVN)で、国税庁の提供する「e-Tax」ソフトのインストーラに脆弱性が存在すると発表された。

同ソフトのインストーラには、DLLを読み込む際の検索パスに要因があり、意図しないDLLを読み込んでしまう脆弱性があり、攻撃者により悪用され細工されたDLLファイルが配置されているとインストーラを実行しているプロセスの権限で任意のコードを実行される可能性があるという。

その後の対応

現在、対策方法は無いとしており、同脆弱性の影響を受けるのはインストーラの起動時のみのため、新規のインストールやバージョンアップ、既存のインストールファイルの実行はせずに削除するよう呼び掛けている。

考察

インストールの際の問題なので、既にインストール済みのソフトは利用できるようだが、国税庁の報告にもあるように、やはり書面での申告や市販の会計ソフトを利用した方が安心だろう。

関連リンク
国税庁「e-Tax」による報告
JVNによる報告

 

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。