ニュースの概要

株式会社エンファクトリーは2016年10月3日、同社のオンラインショップにおいて、第三者による不正アクセスがあり、顧客のクレジットカード情報を含む個人情報が不正に取得された可能性があることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、同社が運営する「STYLE STORE」「COCOMO」の2サイト。WEBサイトの脆弱性が悪用され、2013年4月1日から2016年7月27日にかけてクレジットカードを登録したり、利用した顧客の個人情報が最大3万8313件、流出した可能性がある。

7月11日、同サイトの決済代行会社からの指摘を受けて問題が発覚。流出した個人情報には、氏名、住所、電話番号、メールアドレスにくわえ、クレジットカードの名義や番号、有効期限といった情報が含まれるという。

その後の対応

7月13日より外部調査機関や自社による調査を行うとともに、7月27日にクレジットカードによる決済を停止し、調査結果を受けて9月16日には警察へ被害情報を通報。

同社では、関連する顧客に対してメールで事情を説明し、心当たりのない請求が行われていないか注意を呼びかけており、問題の発覚を受けて脆弱性を解消するとともに、同社のサーバを経由しない非通過型タイプのクレジットカード決済を導入する変更作業を行っているという。

考察

上記で述べたように、問題の確認作業やその後の決済システムの変更作業により、7月27日から現時点でもクレジットカードの利用はできず、コンビニ決済・代引き決済の手数料を無料として対応しているという。また、楽天市場店Amazon店ではクレジットカードでの決済ができるとの事なので、どうしてもクレジットカードを希望する場合はそちらを利用すると良いだろう。

関連リンク
エンファクトリーによる報告

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?