サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

カード情報含む個人情報約4万件が流出か-エンファクトリー運営2サイト



ニュースの概要

株式会社エンファクトリーは2016年10月3日、同社のオンラインショップにおいて、第三者による不正アクセスがあり、顧客のクレジットカード情報を含む個人情報が不正に取得された可能性があることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、同社が運営する「STYLE STORE」「COCOMO」の2サイト。WEBサイトの脆弱性が悪用され、2013年4月1日から2016年7月27日にかけてクレジットカードを登録したり、利用した顧客の個人情報が最大3万8313件、流出した可能性がある。

7月11日、同サイトの決済代行会社からの指摘を受けて問題が発覚。流出した個人情報には、氏名、住所、電話番号、メールアドレスにくわえ、クレジットカードの名義や番号、有効期限といった情報が含まれるという。

その後の対応

7月13日より外部調査機関や自社による調査を行うとともに、7月27日にクレジットカードによる決済を停止し、調査結果を受けて9月16日には警察へ被害情報を通報。

同社では、関連する顧客に対してメールで事情を説明し、心当たりのない請求が行われていないか注意を呼びかけており、問題の発覚を受けて脆弱性を解消するとともに、同社のサーバを経由しない非通過型タイプのクレジットカード決済を導入する変更作業を行っているという。

考察

上記で述べたように、問題の確認作業やその後の決済システムの変更作業により、7月27日から現時点でもクレジットカードの利用はできず、コンビニ決済・代引き決済の手数料を無料として対応しているという。また、楽天市場店Amazon店ではクレジットカードでの決済ができるとの事なので、どうしてもクレジットカードを希望する場合はそちらを利用すると良いだろう。

関連リンク
エンファクトリーによる報告

 

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。