MySQLに重大な脆弱性見つかる-修正パッチ供給されず

ニュースの概要

Oracleの傘下でオープンソースデータベースの「MySQL」において、2016年9月12日、未解決の脆弱性があるとして概略やコンセプト実証コードが開示された。同脆弱性を悪用されると、root権限で任意のコードを実行されて、サーバを制御される可能性があるという。

研究者Dawid Golunski氏によって開示された情報では、同脆弱性は複数確認されており、その中でも外部からの攻撃者によって同データベースの設定ファイルへ不正な内容を仕込まれSQLインジェクション攻撃へと悪用される可能性があるという深刻な問題も含まれている。

この問題は、同データベースの最新版を含む5.7系、5.6系、5.5系の全バージョンに、デフォルトの状態で存在しており、9月12日現在にOracleのMySQLサーバの脆弱性に対する修正パッチは存在しておらず、たとえ主要Linuxディストリビューションのセキュリティーモジュール等を実装していた場合でも、悪用する事は可能だという。

その後の対応

7月29日にOracleをはじめ、開発ベンダーへの報告はされており、「MariaDB」「PerconaDB」については、修正パッチが8月30日にリリースされているが、MySQLの修正パッチについては未だに用意されていない。

現在すでに公開済みとなっている修正パッチにおいては、攻撃者によって脆弱性を把握できる状態にあるため、同氏は注意喚起を目的として限定的な実証コード(PoC)を含めた、同脆弱性についての開示に踏み切ったとしている。

関連リンク
MySQLによる脆弱性についての報告(※英文)

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?