ヨドバシ通販サイトにサイバー攻撃

ニュースの概要

家電量販店大手のヨドバシカメラが運営するインターネット公式通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」にサイバー攻撃が続いた。

同サイトは、2016年9月2日12時頃から接続しづらい状態が続き、3日未明に復旧。同日午前中は問題なく営業していたが、13時前後から再度同様の状態になったという。

その後の対応

原因は、同社のインターネット回線へ外部から大量のデータを送りつける不正通信が行われた事とみられ、9月5日現在問題は解消されたとしている。

ヨドバシ・ドット・コム
家電製品だけでなく日用品や書籍等430万点以上の品揃えで、全ての商品を全国に無料で配送することなどから、多くの通販利用者から人気がある。

関連リンク
ヨドバシによる公式声明

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?