サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

【Excel】消失・上書き・破損したエクセルの復旧・復元方法



エクセルを保存する前に閉じてしまった」「バックアップの無いエクセルデータを失った」などといったトラブルに遭遇した場合でも、エクセルファイルのデータを取り戻せる可能性はまだ残っています。

この記事では、消失・上書き・破損してしまったエクセルのデータについて、個人で対応可能な領域から、重要なエクセルデータの復元方法まで解説していきます。

エクセルファイルの復元可能性があるケース

以下のような場合は、個人でエクセルファイルの復元ができる可能性があります。

  • 誤って保存前にアプリケーションを閉じてしまった場合
  • 誤って上書き保存をしてしまった場合
  • ファイルが破損した場合

しかし、個人で作業を行った結果、誤操作による上書きが発生しデータを失う場合や、その後の復旧難易度が上がってしまう可能性もあります。データの重要度に応じて、以後に説明する方法を選定しましょう。

手軽に試せるエクセルファイルの復元方法

新規エクセルファイルの保存を忘れた場合の復元方法

一度も保存したことがない新規エクセルファイルを誤って閉じてしまった場合のデータ復元方法です。

  1. エクセルを起動し、「ファイル」→「情報」→「ブックの管理」の順に進む
  2. 保存されていないブックの回復」をクリック
  3. ファイルを開く画面で該当のファイルを選択し、画面下部の開くで進む
  4. 未保存のファイルが開いたら、「名前をつけて保存」をクリック

既存のエクセルファイルの上書き保存を忘れた場合の復元方法

既存のエクセルファイルの上書き保存をせずに終了してしまった場合の復元方法です。

  1. 該当するファイルを開き、ファイルタブから「情報」→「ブックの管理」の順に進む
  2. ブックの管理にある、「保存しないで終了」をクリック
  3. 新しくファイルが開いたら、バー下部「復元」をクリックし、上書き保存する

誤ってエクセルファイルを上書き保存した場合の復元方法

上書き保存してしまった上に、エクセルファイルを閉じてしまった際の復元方法です。

  1. エクセルを起動し、「ファイル」→「情報」→「以前のバージョン」の順に進む
  2. 復元可能な更新日時一覧が表示されたら、希望のデータを選択し、「復元」をクリック

また、エクセル上ではなく、Windows機能を使った復元方法も存在します。

  1. 復元したい希望のデータファイルを右クリック
  2. プロパティ」→「以前のバージョン」の順に進む
  3. 復元可能な更新日時一覧が表示されたら、希望のデータを選択し、「復元」をクリック

破損したファイルの復元方法

エクセルファイルを開こうとすると「ファイルが破損しているため開くことができません」と表示される場合、ファイルが破損しています。ファイルが破損してしまっても、エクセルファイルのデータを復元できる可能性があります。

単純にファイルが破損している場合には、こちらの復元方法で対処できるはずです。

エクセルには自動で破損したファイルを修復する機能がありますが、この機能で復元されなかった際にこのような状態に陥ります。ここでご紹介するのは、手動で修復する方法です。

  1. エクセルを起動し、「ファイル」→「開く」の順に進む
  2. 対象ファイルを選択」し、「開いて修復する」→「修復」の順にクリック

Web経由で受け取ったファイルが破損している場合の復元方法

上記の修復方法を試みても解決しない場合には、この方法を試してみてください。この場合には、ファイルの破損に加え、エクセルの「セキュリティ機能」が有効になっている可能性が考えられます。このセキュリティ機能を特定のファイルのみ無効にすることで、解決するはずです。

ただし、データの発信元が信用できる場合のみ行って下さい。そうでない場合には、非常に危険な行為になってしまうため実行しないでください。

  1. 該当ファイルを右クリック
  2. プロパティ」→「全般」→「ブロックの解除」の順に進み、「適用」をクリック

専門ツールを用いたエクセルファイルの復元方法

上記の方法で、エクセルファイルの復元ができなかった場合は、専門のデータ復元ツールを使用する必要があります。データの重要度や状況に合わせて、以下の2つから選択しましょう。

データ復元ソフトで復元する

データ復元ソフトでは、比較的手ごろな価格でデータを自分の手で復元できる可能性があります。

しかし、データ復元ソフトの使用にはある程度のリテラシーが必要であり、誤操作による上書きなどが原因で状況が悪化する場合もあるため注意が必要です。データ復元ソフトに対応していない症状にもかかわらず、データ復元ソフトの使用をしてしまうと、最悪の場合データが二度と取り出せなくなることがあります。データ復元ソフトの注意点は下記の記事を参考にしてください。

データ復旧業者に依頼する

重要度の高いエクセルデータを復元したい場合や、データ復元の確実性を重視したいという方は、データ復旧専門業者への相談が最も安全です。

データ復旧業者であれば、専門のツールや設備、エンジニアがデータ復元の対応をしてくれるため、データ復旧できる可能性も高く、リスクも最小限にできます。無料で相談から見積もりが可能も業者もあるため、まずは復元できる可能性があるのか相談してみましょう。データ復旧サービスについての詳細は以下の記事で説明しています。

おすすめのデータ復旧専門業者

専門業者に依頼するのであれば、データが復旧できないと意味がないため、その中でも「復旧率の高い業者」の選定が必要です。エクセルのデータ復旧に対応している設備や技術がある業者といっても、探し出して選定するのは難しいでしょう。

そこで、技術力・内容(対応製品)・復元にかかる期間や特長から比較した、おすすめの専門業者をご紹介します。

デジタルデータリカバリー


サイト:デジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日復旧かつ約80%が48時間以内に納品されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

今回は、エクセルファイルを削除してしまった際のデータ復元方法についてご紹介しました。

エクセルファイルを操作している際に誤って閉じてしまったり、誤った上書き保存をしてしまう場合もあると思います。しかし、状況を見極め冷静に対処することで、ご自身でも十分に対応が可能です。

ただし、エクセルファイルが重要度の高いデータであり、確実にデータを取り出したい場合には、データ復旧専門業者への無料相談を検討してみてください。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。