サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

12/8(水)サーバ脆弱性対策セミナー 効率よく脆弱性情報を収集し管理する方法とは?



脆弱性診断やスキャナ活用だけでは、残念ながら断片的な対策にしかなりません。では、どうしたら万全の脆弱性対策が可能なのでしょうか?

脆弱性の情報収集から対策すべきポイントを特定、優先順位づけ、そして対策後の管理など、専門家が脆弱性対策の全体像を整理し事例などを交えて解説します。

セミナー内容

  • 企業におけるリスクについて
  • サーバの脆弱性対策について
    ・脆弱性管理のプロセスとは
    ・SOARとは
  • 脆弱性対策ソリューション「SIDfm™」について
    ・脆弱性収集ソリューション
    ・脆弱性管理ソリューション
    ・デモンストレーション
  • 脆弱性診断サービスについて
  • 質疑応答

セミナー講師

山本 裕貴 / 株式会社ソフテック

  • 大学卒業後、株式会社大塚商会へ入社し、通信機器などのアカウント営業を担当。
  • その後、2015年にサイバーセキュリティクラウドへ初期メンバーとして入社。
  • 大規模顧客に対する提案活動において顧客システムの把握と顧客のセキュリティ課題に対する提案を実施。
  • また、Webセキュリティセミナーで企業のセキュリティリスクや攻撃手法の事例について多数講演。2021年4月より株式会社ソフテックに参画。

このような方におすすめです

  • 脆弱性の最新情報などを調査してる時間がない
  • 脆弱性に対応するための最適なパッチを探すのがかなり大変
  • 脆弱性対策にかかる工数が多すぎる
  • 対策すべき脆弱性の優先度がよくわからない
  • 脆弱性対策の実施状況を把握できていない
  • 定期的な脆弱性診断以外にも対策を講じたい
  • 外部からのスキャンができない資産の管理ができていない
  • 継続的に、リアルタイムに脆弱性の管理ができていない

セミナー参加のメリット

  • 脆弱性の最新情報や最適なパッチ情報をスムーズに入手する方法がわかる
  • 脆弱性対策にかかる工数の大幅な削減方法がわかる
  • 全社の脆弱性対策状況を可視化する方法がわかる
  • 自社にとって最も優先しなければならない対策とは何かがわかる
  • 対策を属人化させない方法がわかる
  • 効果的なサーバのOS・ソフトウェアの資産管理方法がわかる

セミナー詳細

開催日時 2021年12月8日(水) 15:00〜17:00
会場 オンライン開催
対象 情報システム部門責任者様・ご担当者様
参加費 無料
参加方法 オンライン通話アプリZoom(無料)にて開催いたします。
お申し込み後、参加用のログインURLをお申込時のメールアドレス宛にご案内いたします。
主催 株式会社ソフテック、株式会社サイバーセキュリティクラウド

お申し込み

    法人名・団体名 必須

    部署名 必須

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    電話番号 必須

    お問い合わせ内容 任意

    書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


    当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
    (実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

    下記は中小企業向けの目次になります。

    1. 1.はじめに

    2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

    3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
      •  3-1.ランサムウェアによる被害
      •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
      •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
      •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
      •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
      •  3-6.内部不正による情報漏洩

    4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

    5. 5.高度化するサイバー犯罪
      •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
      •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
      •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

    6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
      •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
      •  6-2.構想を具体化する技術的対策
      •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

    7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

    無料でここまでわかります!
    ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

    無料会員登録はこちら

    SNSでもご購読できます。