30代職員が人事評価気にして不正アクセス、岐阜地方検察庁|サイバーセキュリティ.com

30代職員が人事評価気にして不正アクセス、岐阜地方検察庁



岐阜地方検察庁は2022年12月2日、地検に所属する30代職員が使用権限のないIDやパスワードを利用し人事情報に不正アクセスしたと明らかにしました。

情報によると、職員は2021年3月~2022年7月にかけ、過去業務により取得したIDとパスワードを利用し、検察庁のネットワークシステムに不正アクセスしていました。職員の目的は人事記録などの内部情報で、自己の評価を知るために複数回に渡り閲覧していました。

岐阜地検は職員の行為が不正アクセス禁止法に抵触する疑いがあるとして、戒告処分にしました。刑事責任は不起訴となりましたが、依願退職したとのことです。

参照岐阜地検の検察事務官が内部ネットワークに不正アクセス




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。