シンクタンク研究員などを狙うサイバー攻撃続出、NISCが注意喚起|サイバーセキュリティ.com

シンクタンク研究員などを狙うサイバー攻撃続出、NISCが注意喚起



画像:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)より引用

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は2022年11月30日、日本国内の学術関係者やシンクタンク研究員、報道関係者などを対象したサイバー攻撃が顕著として、ウェブサイトにて注意喚起を行いました。

NISCによると2019年以降、政治経済や安全保障、エネルギー分野の機関に対し数十件以上もの攻撃が確認されています。攻撃者はターゲット機関に対して講師や講演、取材などの依頼メールや資料・原稿の紹介メールを装い、URLや添付ファイルへのアクセスを促す手口を取っていますが、実在する組織の従業員を名乗ったり、実在するアドレスに近いものを使用などしており、これが識別を困難にしているものと見られます。

NISCは対策として、セキュリティソフトの実行やログインアラートの設定、二段階認証の設定などを挙げています。また、不審と思われるメールの受信時は、差出人が知人であってもメール以外の手法で確認し、警察庁サイバー警察局やNISCなど関係機関に相談するよう推奨。アクセス設定や転送履歴の確認も行うよう呼びかけています。

参照学術関係者・シンクタンク研究員等を標的としたサイバー攻撃について(注意喚起)




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。