従業員の誤送信ミスで392名の情報流出|ApamanProperty株式会社|サイバーセキュリティ.com

従業員の誤送信ミスで392名の情報流出|ApamanProperty株式会社



ApamanProperty株式会社

不動産関連事業者のApamanProperty株式会社は2021年2月4日、同社の九州支社に所属する従業員が電子メールの誤送信を起こし、氏名や契約日など、九州支社管理物件の顧客情報392名分について、別の不動産事業者に流出したと明らかにしました。

発表によると、原因は不動産事業者への電子メール送付時に、添付する資料を間違えたとのこと。

同社は添付ミスは従業員による人為的なものと位置づけており、ミスに気づかないまま送信したため、流出が発生したものと見られます。

関係先に謝罪、流出先には削除要請

ApamanProperty株式会社は事案発覚後の2021年1月28日より、誤送信先の不動産事業者にメールおよび電話で削除要請を出しています。

また、被害を受けた契約者らにも個別に連絡を取り、謝罪を実施したとのこと。

今後は個人情報をセキュリティ強化し、再発防止に向けて対策する考えを示しています。

【お詫び】メール誤送信による個人情報漏洩のお詫びとご報告




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。