サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

管理ツールの脆弱性でサイト改ざん被害|長岡京ガラシャ祭実行委員会

  • LINEで送る


画像:長岡京ガラシャ祭実行委員会事務局より引用

長岡京ガラシャ祭実行委員会は2021年1月6日、同委員会が公開するガラシャ祭ホームページが何者かのサイバー攻撃を受けたことにより、ホームページの一部が改ざん被害を受けていたと明らかにしました。

発表によれば、ガラシャ祭のウェブサイト管理ツールには脆弱性が内在しており、攻撃者にこれを利用された可能性があるとのこと。攻撃者は脆弱性を利用し、ホームページと関係のない別のサイトにリダイレクトするコードを埋め込み、ガラシャ祭に訪問した閲覧者を別のサイトに転送するなどしていたとのことです。

現在は対策済、サイトは再開へ

長岡京ガラシャ祭実行委員会によると、今回の不正アクセスは2020年12月29日~2021年1月5日にかけて発生したもので、現在は対応済の状況です。
また、懸念される情報流出について、同委員会は情報流出を否定。ガラシャ祭ホームページではそもそも閲覧者の個人情報を収集していないため、流出はしていないとの認識を示しています。
なお、同委員会は2021年1月5日よりガラシャ祭ホームページを一時的に閉鎖していましたが、安全性を確認後、現在はホームページを再開しているとのことです。

参照【重要】ガラシャ祭ホームページへの第三者による不正アクセスのご報告とお詫び



  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。