サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

銀行口座情報約6,000件記録したバックアップ用USBメモリを紛失|愛知県豊橋市

  • LINEで送る

愛知県豊橋市は2020年7月12日、同市の上下水道局の取引先情報が記録されたUSBメモリを不注意により紛失したと明らかにしました。
豊橋市によると、市では大規模災害発生時などによるデータ遺失を阻止する目的から、バックアップデータを外部企業に預け保管する運用を進めています。上下水道局もこの運用に則り、取引先の情報記録したUSBメモリ7本のうち1本をデータ管理業務を受託する外部企業に提供していました。
ところが2020年6月、担当職員がUSBメモリ1本が不足していることに気づいたことにより、紛失が発覚します。市が調査を進めたところ2020年5月、職員と委託先企業の間でUSBメモリのやりとりを行う際、何らかのトラブルが発生し、紛失したとしています。

氏名や銀行口座情報なども

豊橋市によると、USBメモリに記録されていたデータは、上下水道局と取引関係にある個人や企業などの情報です。
市によると、USBメモリには氏名や住所・電話番号などの個人情報最大1万9,828件に加えて、銀行口座の番号や取引銀行名、口座名義人名などの金融情報最大6173件が記録されていたことが判明しています。
なお、豊橋市によると紛失したUSBメモリのデータは、パスワードロックにより保護設定がされている上、専用のシステムを使用しない限り閲覧できないファイル形式で記録されているとのこと。
記事発表時点で情報の悪用被害などは確認されていませんが、USBメモリは発見に至っておらず、引き続き調査を継続すると説明しています。
参照公営企業会計システム用バックアップUSBの紛失について/豊橋市上下水道局

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。