誤送信で個人情報1件が流出、宮城県総務部私学・公益法人課

画像:電子メールの誤送信による個人情報の流出について/宮城県より

宮城県は2019年2月14日、同県総務部私学・公益法人課においてインフルエンザ発生状況に関する電子メールを送信する際に、誤送信による個人情報流出があったと明らかにしました。

県の説明によると、誤送信の原因は送信先の入力ミス。同課担当者が学校の担当者から受けた状況報告を保険福祉部の対策部署に送信しようと試みたところ、誤って専修学校56校分をグループ化したアドレスに送信したとのことです。

BCC設定によりアドレス流出は避けられる

宮城県は今回の誤送信により、インフルエンザの発生状況を報告した県内私立学校の担当者1名の名前が流出したと明かしています。

誤送信の件は既に送信先の学校らに説明しており、現在は削除の依頼を進めているとのこと。なおメールはBCC形式で送信しており、送信先のメールアドレスは流出していないとしています。

参照電子メールの誤送信による個人情報の流出について/宮城県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?