画像:株式会社ドワンゴより

株式会社ドワンゴは5月10日、同社サービスを利用するために必要な「niconicoアカウント」に対して不正なログインが行われていることを公表しました。

同社によると、攻撃者は社内ではなく外部から流出したパスワードを流用してログインを試みている(リストアタック)可能性があるとのこと。アカウント保有者に対して注意喚起を行っています。

事件の経緯や想定被害は?

株式会社ドワンゴの説明によると、攻撃が確認されたのは5月上旬ごろ。前述のとおり攻撃者が、外部サイトなどから取得したメールアドレスやパスワードを用いて不正アクセスを試みている可能性が指摘されています

同社は被害を想定される被害として、以下のものが考えられると説明しています。

  1. ニコニコポイントの不正使用
  2. ニコニコポイントの追加購入
  3. 登録情報の変更
  4. ニコニコ動画に対するコメント投稿
  5. 登録情報の不正な閲覧

現在の対応は?

株式会社ドワンゴは今回の不正なログイン行為により、攻撃者がほかの外部サービスに同様のリストアタックを敢行する可能性を指摘。アカウントユーザーに対してパスワードの変更などを呼び掛けている状況です。

なお、すでに不正なログインが確認されたアカウントに対しては、ドワンゴ側の措置で従来のパスワードでログインが行えないように設定して対応。被害者に対して個別にメールで連絡を行っているとのことです。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事