2018年2月13日、イタリアに所在する仮想通貨取引所の「ビットグレイル(BigGrail)」は、仮想通貨「Nano(ナノ)」が流出したことを明らかにしました。

2018年2月13日まで行われた調査によると、同取引所によると流出した「Nano(ナノ)」は日本円換算で約210億円分。何者かのサイバー攻撃によるものと見られています。

事件の経緯は?

事件が発覚したのは2018年2月8日。サイバー攻撃を受けた同取引所を利用した顧客が、自身の保有する資金が支払い不能になっていることにより発覚しました。

同取引所は「サイバー攻撃を受けた」と認めた上で警察に被害届を出して対応。その後の調査によると約1,700万ナノが攻撃者によって盗まれたと説明しています。

代表者「返金は不可能である」

なお、今回生じた被害はあまりにも莫大であり、ビットグレイルの代表者と思われる人物は「返金は不可能である」と宣言。顧客側と争いに発展する可能性は、かなり高いものと見られています。

仮想通貨に対するサイバー攻撃は、日本の「コインチェック」でも取りざたされたばかり。ようやく落ち着きを取り戻そうとしていた仮想通貨業界は、今回の事件を受けて更なる混迷へと突き進むかもしれません。

参考URL

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事