画像:Whole Foods Marketより

9月28日、大手インターネット通販会社の「Amazon」の傘下企業「Whole Foods」が、何者かの手による不正アクセス被害にあったことを公表しました。同社発表によると店舗の主要なレジではなく、バーやレストランなどの設備がサイバー攻撃を受けたとのこと。

Whole Foodsは米国で449店舗と比較的大きな規模を持つ企業であり、そのうち40店舗以上でバーを展開しています。Amazonは8月にWhole Foodsの買収を完了していました。

クレジットカード情報等の機微情報が流出

同社の発表では、今回の不正アクセスによる被害の中には、クレジットカード情報等の重要な項目が含まれていたとのことです。

同社は事件発生後素早く顧客に対して注意を促しましたが、現段階では不正アクセスの被害にあった店舗数や、影響を受けた人の数は公表されていません。

ただし、買収取引の相手方であるAmazonの決済用サーバは、Whole Foodsの店舗には接続していないこともあり、被害のリスクはないと発表しています。

法的機関と連携して、攻撃者の特定を急ぐ

なお、同社発表によると今回の事件をうけて、現在はサイバーセキュリティ犯罪を調査する第三者機関や法執行機関と連携して、事件の解明に努めると述べています。

また、Whole Foodsは同社声明において、「お客様は決済カードの明細を欠かさずチェックして、不正な請求などが確認された場合、発行元の銀行に連絡・相談するように」との見解を示し、注意喚起を行うと述べています。

<参照>
アマゾン傘下のWhole Foodsに不正アクセス--決済カード情報が狙われる/CNET Japan

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?