【iOS14以降/iPhone】カメラの乗っ取り?確認方法と対処方法を徹底解説|サイバーセキュリティ.com

【iOS14以降/iPhone】カメラの乗っ取り?確認方法と対処方法を徹底解説

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。

iPhoneが乗っ取り被害にあった際に、カメラが遠隔で操作されてしまうケースがあります。

気がつかないうちにカメラの乗っ取り被害に合ってしまうと、プライバシーの侵害や個人情報の漏洩や特定など様々な被害に繋がりかねません。

そこで今回はiPhoneのカメラが乗っ取られていないか確認する方法と乗っ取りの疑いがある際の対処法を解説いたします。

iPhone画面右上の緑とオレンジの点の意味とは?

iPhoneカメラ起動時に表示される緑色の点

結論、iPhoneの画面右上(ステータスバー)に表示される緑やオレンジの点は、何らかのアプリが「カメラ」や「マイク」を使用していることを表します。

その為、動画を撮るためにカメラアプリを開いている場合や、ボイスレコーダーなどの録音アプリなどを開いている場合は緑やオレンジの点が出ることになります。

緑の点 カメラ使用時に点灯
オレンジの点 マイク使用時に点灯

注意

アプリケーションでFaceID認証が必要な際に緑色に点灯することがあります。そのため、緑の点がすぐに消える場合はカメラが乗っ取られている可能性は限りなく低いです。

自分が意図しないタイミングでランプが出ている場合、バックグラウンドで何かしらのアプリがカメラやマイクを使用していることが多いです。

もし、このような状態が頻繁に起こっている場合は、iPhoneが第三者に乗っ取られている可能性が考えられます。すぐにiPhone乗っ取りの調査会社に相談しましょう。

iPhoneカメラ乗っ取りの被害について

iPhoneを使用していないにも関わらず、カメラが勝手に動作する場合は、iPhoneが乗っ取られている可能性があります。

カメラが第三者に遠隔操作されている場合、他のiPhoneの機能なども乗っ取られてしまい、甚大な被害に繋がってしまう可能性が高いので下記の症状がないか確認しましょう。

iPhoneが乗っ取られている際の症状例

① AppleIDがサインインに使われたとiPhoneに通知がくる

② iPhoneがロックされたり紛失モードになる

③ Apple IDのパスワードが変更されたりロックされたりする

④身に覚えのない2段階認証コードを受信した

⑤不審なメッセージや投稿が自分のSNSアカウントから行われている

これらの症状が複数当てはまる場合は、iPhoneがハッキングされている可能性が非常に高いです。放置すると個人情報が第三者に漏えいしたり、アカウントを利用した踏み台攻撃などに利用される恐れがあります。以上の症状が複数該当するのであれば、パスワードの変更などしかるべき対処を行いましょう。iPhoneが乗っ取られた時の具体的な対処法については以下の記事を参考にしてください。

iPhoneのカメラが乗っ取られてしまう原因

乗っ取りや遠隔操作の手口は常に巧妙に変化しているため、カメラが乗っ取られていることにユーザーが気づけない場合もあります。ここではiPhoneのカメラの乗っ取りの原因となるものの中から代表的なものを3つご紹介します。

  • 不正な機器をiPhoneに接続
  • 不審なWebサイトにアクセス
  • 有害なアプリのインストール

不正な機器をiPhoneに接続

不正な機器を接続することで乗っ取り被害にあってしまうことがあります。

最近では、本物のようなLightningケーブルを接続することで、iPhoneが遠隔でコントロールされてしまうもの(O.MGケーブル)も販売されており、2021年09月に最新版が発売されたとニュースで報じられています。他人から充電ケーブルを貸してもらう際は、十分に注意が必要です。

不審なWebサイトにアクセス

不審なメールや偽のWebページからスマートフォンを乗っ取り、クレジットカード番号やSNSなどのアカウント情報を盗むフィッシング詐欺も要因の1つに考えられます。

本物のwebサイトと見分けがつかないほど手法が巧妙化しており、被害も増加しています。

有害なアプリのインストール

有害なアプリのインストールで被害にあうケースもあります。特にiPhoneの公式ストアであるApp Store以外で配布されているアプリには、審査がないため不正なアプリが紛れていることが多い傾向にあります。

一方でApple公式のApp Storeでも、2023年にApp Storeから削除された危険なアプリは170万個に上ると発表されています。App Storeからインストールしているから大丈夫というわけではなく、アプリを作っている会社の安全性や信頼性を検討していくことが必要です。

出典:Apple

有害なアプリの中には別のアプリを装ってユーザーにインストールされるものや、勝手にインストールされるものなど様々です。このようなアプリは一度インストールされるとホーム画面に表示されないものもあるため、一人で悩まずに専門家に端末を調べてもらうことをおすすめします。

カメラが乗っ取られているか確認する方法

最近では、iPhoneの乗っ取りはやり口が巧妙になり、被害に遭っても気づかないのが現状です。

簡単に確認する方法を以下4つにまとめているので、確認してみましょう。

  1. コントロールセンターから確認
  2. 身に覚えのない通知がないか確認
  3. AppleID情報が変わっていないか確認
  4. 専門の調査会社に相談

コントロールセンターから確認

何のアプリがカメラやマイクを使用しているかは、iPhoneのコントロールセンターから確認ができます。

コントロールセンターの開き方は以下の通りです。

  • Face IDを搭載したiPhoneの場合: 右上端から下にスワイプします。コントロールセンターを閉じるには、下部から上にスワイプします。
  • ホームボタンを搭載したiPhoneの場合: 下部から上にスワイプします。コントロールセンターを閉じるには、下にスワイプするか、ホームボタンを押します。

複数のアプリが該当する場合も、表示されているアイコンをタップすることで詳細が表示されるので、一覧を確認しましょう。

身に覚えのない通知がないか確認

登録した覚えのないサービスから領収書メールや身に覚えのないログイン通知メールが届いていないか確認しましょう。

iPhoneが乗っ取り被害にあうとアカウント情報が漏洩してしまい、不正にログインされてしまう被害が多くあります。覚えのない通知メールがないか一つ一つに目を通すことが大切です。

AppleID情報が変わっていないか確認

乗っ取られてしまうとAppleIDの情報が変更されていることがあります。乗っ取りの疑いがある際は念のためApple IDの情報が変更されていないか確認し、たとえ無事でもパスワードは必ず変更しましょう。AppleID情報の確認方法は以下の通りです。

AppleID情報の確認方法

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. 最上部の「Apple ID、iCloud、メディアと購入」をタップ
  3. 画面上部に表示されているApple IDを確認

専門の調査会社に相談

ご自身での対処が不安な方、または被害範囲を明確にする場合は、個人で確認する以外に、ハッキング(乗っ取り)調査を行っている専門業者への相談をおすすめします。

専門業者では、「デジタルフォレンジック」というデジタルデバイス上の証拠を収集・解析する科学的な専門技術を用いてデジタル端末を調査します。この調査では、特殊なツールを使用してアプリや通信ログを解析し、不正アクセスや不正なアプリの活動状況端末の被害状況情報漏洩の有無などを調べることで、再発防止につながる適切な対処を行うことができます。iPhoneのカメラが乗っ取られた原因を正確に知るには専門的な調査技術が必要になるため、一人で悩まずにハッキング(乗っ取り)専門業者に相談することをおすすめします。

iPhoneのハッキング(乗っ取り)調査会社を選ぶポイントや費用などはこちらの記事で詳しく解説しています。

iPhone乗っ取り調査が可能なおすすめのフォレンジック調査会社

フォレンジック調査はまだまだ一般的に馴染みが薄く、どのような判断基準で依頼先を選定すればよいか分からない方も多いと思います。そこで、30社以上の会社から以下のポイントで厳選した編集部おすすめの調査会社を紹介します。

信頼できるフォレンジック調査会社を選ぶポイント

  • 官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績がある
  • 緊急時のスピード対応が可能
  • セキュリティ体制が整っている
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している
  • 費用形態が明確である

上記のポイントから厳選したおすすめのフォレンジック調査会社は、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

公式サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、累計3万2千件以上の豊富な相談実績を持ち、全国各地の警察・捜査機関からの相談実績も360件以上ある国内有数のフォレンジック調査サービスです。

一般的なフォレンジック調査会社と比較して対応範囲が幅広く、法人のサイバー攻撃被害調査や社内不正調査に加えて、個人のハッキング調査・パスワード解析まで受け付けています。24時間365日の相談窓口があり、最短30分で無料のWeb打合せ可能とスピーディーに対応してくれるので、緊急時でも安心です。

運営元であるデジタルデータソリューション株式会社では14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービスも展開しており、万が一必要なデータが暗号化・削除されている場合でも、高い技術力で復元できるという強みを持っています。調査・解析・復旧技術の高さから、何度もテレビや新聞などのメディアに取り上げられている優良企業です。
相談から見積りまで無料で対応してくれるので、フォレンジック調査の依頼が初めてという方もまずは気軽に相談してみることをおすすめします。

費用 ★相談・見積り無料 まずはご相談をおすすめします
調査対象 デジタル機器全般:PC/スマートフォン/サーバ/外付けHDD/USBメモリ/SDカード/タブレット 等
サービス ●サイバーインシデント調査:
マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃調査、情報漏洩調査、ハッキング調査、不正アクセス(Webサイト改ざん)調査、サポート詐欺被害調査、Emotet感染調査
●社内不正調査:
退職者の不正調査、情報持ち出し調査、横領・着服調査、労働問題調査、文書・データ改ざん調査、証拠データ復元
●その他のサービス:
パスワード解除、デジタル遺品調査、セキュリティ診断、ペネトレーションテスト(侵入テスト)、OSINT調査(ダークウェブ調査) 等
※法人・個人問わず対応可能
特長 官公庁・法人・捜査機関への協力を含む、累計32,000件以上の相談実績
✔企業で発生しうるサイバーインシデント・人的インシデントの両方に対応
✔国際標準規格ISO27001/Pマークを取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰など豊富な実績
✔14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービス(※)を保有する企業が調査
※第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(2007年~2020年)
基本情報 運営会社:デジタルデータソリューション株式会社
所在地:東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー15階
受付時間 24時間365日 年中無休で営業(土日・祝日も対応可)
★最短30分でWeb打合せ(無料)

>フォレンジック調査会社の一覧リストはこちら

まとめ

今回はiPhoneのカメラが乗っ取られていないか確認する方法と乗っ取りの疑いがある際の対処法を解説いたしました。

万が一カメラが乗っ取られてしまうと、甚大な被害になりかねないので少しでも疑いがある際は紹介した対処を行い、調査会社に相談することをおすすめいたします。

  • 中小企業の情報瀬キィリティ相談窓口[30分無料]
  • 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)募集
  • サイバー保険比較
  • 【企業専用】セキュリティ対策無料相談