サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

iPhoneがウイルス感染しているか調べる方法 | 感染原因や症状を解説

  • LINEで送る


「iPhoneで身に覚えのない通信が行われている」「iPhoneの動作が不自然に重くなる」
そのような時は、iPhoneがウイルスに感染しているかもしれません。仮にiPhoneの情報が盗まれたり、悪用されてしまうとなると、多大な被害を被りかねません。

そこで今回は、iPhoneでウイルス感染が疑われる事例や、被害実態の調査方法を紹介します。ウイルス感染の有無を確認し、適切な対応を取りましょう。

1. iPhoneがウイルスに感染するリスク

 iPhoneのウイルス感染は珍しい

iPhoneがウイルスに感染するリスクは、あまり高くありません。なぜならiPhoneOSは、ウイルスを無効化する機能が搭載されており、たとえパソコンで感染するウイルスであっても、iPhoneだと感染しないことがよくあります。

また、iPhoneのApple Storeは、androidのGoogle Playに比べてアプリの審査基準が厳しく、基本的に正規ルートで配信されているアプリをインストールしても、ほぼウイルスに感染することはありません。

それでも感染リスクはある

ただし、ウイルスは日々進化・巧妙化しており、その数も百万単位で増えていくため、iPhoneでもウイルスに感染する可能性は0では決してありません。

主な感染要因は次の通りです。

脱獄ジェイルブレイク)している

脱獄(ジェイルブレイク)とは、iPhoneのプログラムを改変し、アップル社が設けている様々な制限を取り除くことです。脱獄は、Apple Store非公認のアプリケーションを使用できるなどの側面がありますが、一方でセキュリティが低下するため、ウイルス感染のリスクが高まります。セキュリティ上のトラブルや機器の不具合を避けるためにも、脱獄は控えましょう。

安全性の低い、怪しいサイトにアクセスする

これはパソコンのウイルス感染の事例でも非常によく見られる手口であり、安全性の低い、怪しいサイトに接続していると「ウイルスが検出されました!」「あなたは監視されています」などとウイルス感染やハッキングを装う偽警告が表示されることがあります。

もっとも、この時点でウイルスに感染していたり、ハッキングされている可能性は限りなく低いのですが、ポップアップ画面に従って、アプリのインストールを行ったり、「はい」ボタンを押すなどの「操作」を行うと、ウイルスに感染するリスクが高まります。

上記のような警告文が出た際は、画面上のボタンはタップせずに、Webページ・ブラウザを閉じましょう

不審なメールに添付されているファイルやリンクを開く

最近は実在する運送業者になりすました悪質なSMSやメールが増加しています。

もし、メールに記載されているリンクをクリックすると、不正なサイトに誘導されて情報を盗まれたり、iPhoneがウイルスに感染してしまう可能性があります。宅配を注文した覚えがないのに不在届の連絡が届いたり、あるいは記載されたリンクが業者と無関係なドメインになっている場合は、無視するかメールごと削除をしましょう。

2. iPhoneのウイルス感染が疑われる事例

勝手に再起動を繰り返す

何度も勝手に電源がつく、勝手に電源が消えるなど、不審な挙動が目立つときは、バッテリーの劣化やアプリの不具合(バグ)のほか、ウイルス感染によって不正な通信が行われていることが考えられます。ただし、これ以外にも複数の原因が考えられるため、一概にウイルス感染と断定することは出来ません。

iPhoneの動作が不自然に重くなる

iPhoneを購入後、数年間も使用していると、経年劣化やキャッシュデータ(一時データ)の肥大化などで、動作が重くなることがあります。しかし、購入から年数を経ず、不自然に動作が重くなったり、アプリデータがストレージを圧迫している場合、ウィルスがバックグラウンドで起動している場合も考えられます。

身に覚えのない通信が行われている

以下の症状が見受けられる場合、不正な遠隔操作が行われている可能性があります。

  • 知らないアプリがインストールされている
  • データ使用量が不可解に増加している
  • 身に覚えのない通信料が発生している
  • バッテリーの消耗が早い
  • 熱を持つ など

なお、遠隔操作の目的は様々で、単なる情報窃取に留まらず、仮想通貨の採掘作業を手伝わされたり、スパムメールの踏み台として悪用させられたりして、知らない間に加害者になってしまうことがあります。もし、ここで記した不審な挙動が目立つような場合は、すぐに適切な対応を取るようにしましょう。

身代金を要求されている

画面をロックし、解除に身代金を要求するウィルスは、ランサムウェアと呼ばれています。

この際、身代金は絶対に払わないようにしましょう。身代金を支払ったとしても元に戻る保証はありません。また、身代金の支払いは、反社会的勢力の活動を助長することに繋がりかねないため、指示に従ってはいけません。

もし「操作」を優先する場合は、メーカーに相談して機器を初期化しましょう。一方で「データ」を優先する場合は、データ復旧の専門業者に依頼することをおすすめします。なお、データ復旧サービスの詳細は以下に詳しいです。

3. iPhoneのウイルス被害を確認する方法

iPhoneは、ウイルススキャンに対応しておらず、ウイルスを検知・駆除するアプリケーションが存在しません。なぜならiOSのシステムは非公開になっており、他の企業がセキュリティアプリを開発できないからです。そのため、スマホ用のセキュリティ製品は、原則、androidのみの対応となっています。

また、ウイルス駆除を行うには「初期化して過去のバックアップを復元」や「不審なアプリのアンインストール」などの手がありますが、これらの操作を行うと、ウイルス被害の痕跡がデータもろとも失われてしまう恐れがあります。

そのため、ウイルス感染の有無や、被害実態を正確に調査するには、特殊な技術を用いてデータ復元・抽出できる「フォレンジック調査」(=デジタル鑑識)の専門業者に相談する必要があります。

なお「フォレンジック調査」の詳細については以下の記事で詳しく紹介しております。

4. iPhoneのウイルスチェックにおすすめの調査会社

無料相談を実施しているおすすめの調査専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは11年連続国内売上No.1のデータ復旧業者が提供するデジタルフォレンジックサービスです。

ハッキング調査、パスワード解析、社内不正調査、ランサムウェア調査まで、幅広い対応を、法人/個人を問わず対応してます(国内にフォレンジック業者は数社しかなく、ほとんどが法人対応のみです)。また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、サイバーインシデント調査のプロとして、実績面においても信頼できます。

費用 ★電話かメールにてお見積り
調査対象 スマートフォン、タブレット、PC、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービス ハッキング・不正アクセス調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、データ改ざん調査など
特長 ★年中無休で無料相談が可能
★11年連続国内売上No.1のデータ復元サービス
★警視庁からの捜査協力依頼実績が多数あり

5. まとめ

今回は、iPhoneでウイルス感染が疑われる事例や、被害実態の調査方法をご紹介しました。iPhoneをウイルス感染させないためにも、最新バージョンのiOSを搭載し、アプリは公式からダウンロードして、あやしいメールのリンクは開かないようにしましょう。

なお、iPhoneがウイルス感染していると感じたら、駆除・調査・データ復旧など様々な観点から適切な対処をとり、ご自身での操作に不安を感じる方・解決しない方は、専門の調査会社や復旧会社まで相談されることをおすすめします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。