サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Androidスマホのウイルス感染 | 確認方法や症状例を徹底解説

  • LINEで送る


近年では、スマートフォンのウイルス感染被害が拡大してきており、その手口も巧妙化しつつあります。スマートフォンは、プライベートからビジネスまで広い場面で使用されており、ウイルス感染によって端末が乗っ取られると知人や取引先を巻き込んでしまうこともあります。

今回は、Androidスマートフォンがウイルスに感染しているか調べる方法や、ウイルス感染時の症状、対処法について解説します。

1. Androidスマホのウイルス感染経路

Androidを含むスマートフォンのウイルス(モバイルウイルス)感染の仕組みを解説していきます。パソコンのウイルス感染は以前から存在しますが、スマートフォンのウイルス感染は比較的新しいものです。今回は、スマートフォンのウイルス感染の仕組みを整理してみました。

不正アプリ

スマートフォンのウイルス感染は、多くの場合「不正アプリ」経路で感染します。スマートフォン向けのアプリは誰でも開発が可能であることを悪用し、ウイルスを仕組んだ不正アプリが開発されています。

Androidの場合、不正アプリはGoogle Play公式ストア以外のサイトからダウンロードしたものや、身に覚えがなくいつの間にかダウンロードされているものが多いです。中には厳格な審査をすり抜けてGoogle Playに掲載されているものも存在し、不正アプリをダウンロードさせる手口も実に巧妙なため、注意が必要です。

不正広告

スマートフォンは、「不正広告」という経路でも、ウイルスに感染するケースがあります。ユーザーにウイルスが仕組まれた広告をクリックさせ、ウイルスの仕込まれたファイルをダウンロードさせることで、スマートフォンをウイルス感染させます。

不正サイト

スマートフォンは、「不正サイト」を通じても、ウイルス感染するリスクがあります。ウイルスが仕込まれているWebページのリンクにアクセスするように誘導し、ページにアクセスするだけでスマートフォンにウイルスをダウンロードされてしまうことがあります。スパムメールやSMSに添付されたリンクをクリックすることで、不正サイトへアクセスしウイルスがダウンロードされるケースもあるため、安易に不審なリンクやサイトへのアクセスをしないようにしましょう。

2. Androidスマホがウイルス感染した際に起こること

Androidがウイルスに感染すると実際にはどのような症状が出るのでしょうか。中には、スマートフォンに異常な症状が現れても、ウイルス感染ではない場合もあります。ウイルス感染と間違えやすくともウイルス感染ではない症状と、ウイルス感染の可能性が高い症状について、事例を見ていきましょう。

2-1. Andoroidでウイルス感染と間違いやすい症状

まず、ウイルス感染していないにも関わらず、「ウイルス感染してしまったのではないか」と疑われやすい症状を確認しておきましょう。あなたのAndroidスマートフォンは、まだウイルス感染している訳ではないかもしれません。

警告画面(フェイクアラート)

 

Webサイトの閲覧中に突然「あなたのスマートフォンがウイルスに感染しました」と警告画面が表示されて焦った方も多いでしょう。この時点ではスマートフォンはまだウイルスに感染していない可能性が高いです。警告画面を表示し、その後ウイルス除去アプリと偽ってウイルスを仕込んだアプリのダウンロードを促す手口のため、アプリのダウンロードは行わずブラウザを閉じるようにしてください。

また「あなたは〇〇に当選しました」とメッセージが表示され、クレジットカード番号などの個人情報を入力するように誘導されることがあります。これは、フェイクアラートという詐欺の手法の一種であり、ウイルス感染とは異なります

これらのように、警告画面が表示されただけではスマートフォンがウイルスに感染したり、詐欺の被害にあうことはありません。もし、警告画面が表示されたとしても、アプリをダウンロードしたり個人情報を入力したりせずに、Webブラウザを一度終了してしまえば、何らかの被害を被る心配はありません。

スパムメールが届く

スパムメールが大量に届き、ウイルスに感染してしまったのではないかと心配するかもしれません。しかし、スパムメールが届く理由は様々あり、ウイルスに感染しているわけではないケースもあります。

スパムメールが届くのは、主に次の3つの理由からです。

・Webサービスに登録した情報が共有された

・何らかの理由で知り合いや自身の個人情報が漏洩した

・サイバー犯罪者によるスパムメール送信用メールアドレス作成ソフトで作成したメールアドレスが一致した

Webサービスへの登録は、占いや性格診断などのサイトを利用する際にメールアドレスを登録したことが原因かもしれません。個人情報登録時の利用規則に、「関連会社に提供することがあります」と記載される傾向があります。登録したメールアドレスが勝手に提供され、スパムメールが届くに至るのです。

スパムメールは、サイバー犯罪者が最も簡単かつ低コストでできる攻撃方法です。スパムメールがあまりにも気になる場合には、知り合いや重要な登録先へのメールアドレス更新などの手間がかかってしまいますが、メールアドレスを変更することで解決します。

2-2. ウイルスに感染したAndroidスマホが陥る症状

次に、Androidがウイルス感染した場合にはどのような症状が起こるのでしょうか。具体的な実例とともに紹介します。

金銭を請求される

有料サービスの利用や、通信会社の通信データ大量利用を理由に高額な請求書が送られてくるケースです。また、ランサムウェアといって、スマートフォン上のデータを暗号化して見られなくし、復号と引き換えに身代金を仮想通貨で要求されるケースもあります。

データ通信量が増える

ウイルスに感染したAndroidスマホは、常に外部との通信を行うためデータ通信量が増加します。サイバー犯罪者が不正アプリを通じてスマートフォンの情報を盗んだり、不正なテキストメールの送信や仮想通貨のマイニング行為を行っている可能性があります。異変を感じたら、データ通信量を一度確認してみると良いでしょう。

アプリが頻繁にクラッシュする

複数のアプリが頻繁にクラッシュする場合には、ウイルス感染の可能性があります。端末の処理が追い付いていないためクラッシュが発生していると考えられます。しかし、容量不足など、他の原因によりアプリがクラッシュするケースはよくあるため、これだけでハッキングされたと言い切ることは難しいです。

スマートフォンが熱を帯びている・破損する

スマートフォンが発熱したり、衝撃を与えたりしていないにもかかわらず物理的に壊れてしまうケースです。これは、スマートフォンが不正アプリを通じて勝手に仮想通貨のマイニングに使われている可能性があります。スマートフォンがマイニングに使われると、莫大な処理を必要とするためスマートフォンのCPUが消耗し、端末の発熱や物理的破壊に至ってしまうのです。

また、バッテリーの消耗が早い場合にも、不正アプリやマイニングが原因である可能性があります。

身に覚えのないメール送信歴

メール送信歴に身に覚えのないスパムメールの送信歴があり、ご自身がスパムメール送信者になっているケースです。これは、不正アプリによってスマートフォンの情報を盗まれ、勝手にスパムメール送信に使われている可能性があります。このように、不正アプリを通じて加害者になってしまうこともあるのです。

スマートフォンが遠隔操作される・使えない

勝手にカメラが起動したり、スマートフォン自体が使えなくなってしまうケースです。不正アプリは、スマートフォンを遠隔操作したり、利用権限を奪いユーザーがスマートフォンを使えなくさせることがあります。

また、スマートフォンが乗っ取られてカメラを勝手に起動された場合、プライバシーの侵害に繋がることもあります。たとえば、遠隔操作によって、勝手に起動したカメラで撮影した写真を公開されたり、スマートフォンに元々あった写真データを盗まれて公開されたりしてしまうのです。

データが暗号化された

スマートフォンのデータが暗号化され、通常通りにデータを見ることができないケースです。これは、ランサムウェアというウイルス感染の一種です。ランサムウェアは、一昔前まではパソコンにのみ確認されていましたが、近年ではスマートフォン向けランサムウェアが開発され、被害が確認されています。

3. Androidスマホがウイルスに感染したか確認する方法

step1:感染症状の有無を確認

これまでご紹介してきた感染経路や症状をもとに、Androidにウイルス感染の疑いがあるか否かをご自身で確認してみましょう。

step2:セキュリティソフトにスキャン

ご自身でAndroidの症状をもとにウイルス感染の有無を確認し、より確実に確認したい場合には、スマートフォンをセキュリティソフトでスキャンしてみると良いでしょう。多くの場合、ステップ1のような感染経路や症状をもとにした方法で、ウイルス感染の有無に気づくことはできるでしょう。しかし、中にはデータ通信量などの表面上では気づきにくいウイルス感染もある為、心配な方はソフトを使うことをお勧めします。(※セキュリティソフトでは、基本的に、ウイルス感染の有無を診断をすることができますが、駆除まではできないため注意してください。)

step:3専門業者に相談

感染したか不安で本格的な調査を行いたい場合には、フォレンジック調査の専門業者に相談する方法もあります。

フォレンジックとは?

フォレンジックとは、パソコンやスマートフォンの端末を調査し、不正通信や情報漏洩が発生していないかを調べる「デジタル鑑識」技術です。こちらは個人での確認とは異なり、費用がかかるサービスになるため注意が必要ですが、基本的に依頼の有無は見積りを見てから判断できるため、不安な場合は依頼の有無にかかわらず、まずは専門家の無料相談を利用してみることが解決の第一歩です。

場合によっては、個人での原因特定には限界があり、乗っ取られていることに気が付かずそのままスマートフォンの使用を続けると、自分が加害者となってしまうなど更なる被害に繋がりかねません。乗っ取りやハッキングの手法は様々であるため、正確な事実確認を行いたい場合は、専門業者に相談するのが最善の方法です。業者によっては、相談・見積りまで無料で対応しているため、個人での対処が難しい場合は専門業者に相談してみましょう。

フォレンジック調査については下記の記事で解説しています。

4. おすすめのウイルス感染調査会社

Androidのウイルス感染調査に対応しており、無料相談を実施しているおすすめの専門業者として「デジタルデータフォレンジック」を紹介します。

デジタルデータフォレンジック


サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは11年連続国内売上No.1のデータ復旧業者が提供するデジタルフォレンジックサービスです。

個人のハッキング調査から企業の不正アクセス調査まで、法人/個人を問わず対応している業者になります。(国内にフォレンジック業者は数社しかなく、ほとんどが法人対応のみ。)

また、警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから、サイバーインシデント調査のプロだということが分かり、実績面でも信頼ができます。個人のハッキング調査、パスワード解析に加えて、法人の社内不正調査やサイバー攻撃の被害調査まで、幅広い対応を可能としている汎用性の高い業者です。

費用 電話かメールにてお見積り
調査対象 スマートフォン、タブレット、PC、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービス ハッキング・不正アクセス調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、データ改ざん調査など
特長 年中無休で無料相談が可能
11年連続国内売上No.1のデータ復元サービス
警視庁からの捜査協力依頼実績が多数あり

5. まとめ

今回は、Androidのウイルス感染を確認する方法について解説しました。スマートフォンは扱いやすい反面、ウイルス感染の経路も様々で、注意が必要です。ウイルス感染の確認方法も、ご自身で確認する以外に、しっかりと調査したい場合にはセキュリティソフトやフォレンジック調査業者に依頼するのが良いでしょう。

近年ではスマートフォンで情報をやり取りする機会が増え、ご自身だけでなく知人の個人情報や金融資産に関する情報をスマートフォンで扱うことも多いでしょう。それと同時にスマートフォンを攻撃するウイルス感染への手口も巧妙化しているため、しっかりと管理する必要があります。自身での対応に不安を覚えたり、お困りの際は一度専門機関へ相談してみることをお勧めします。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。