iPhoneの電源が勝手に落ちる原因と対処法を解説|サイバーセキュリティ.com

iPhoneの電源が勝手に落ちる原因と対処法を解説

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。



何も操作していないのにiPhoneの電源が勝手に落ちる場合、その原因の1つとしてウイルス感染が考えられます。ウイルス感染は、個人情報の漏えいやクレジットカードの不正利用といった重大なリスクを引き起こす可能性があります。このような状況では、特に感染経路と被害範囲を迅速に調査することが重要です。

この記事では、iPhoneの電源が勝手に落ちる原因と対処法について詳しく解説しています。もしiPhoneの電源が突然落ちるなどの不審な動作がある場合は、本記事を参考に適切な対処を行いましょう。

iPhoneの電源が勝手に落ちる原因

iPhoneの電源が勝手に落ちる原因は以下のとおりです。

  • 使用環境が悪い
  • OSの不具合が発生している
  • インストールしたアプリに不具合が発生している
  • iPhoneのメモリが不足している
  • バッテリーが劣化している
  • iPhoneを脱獄(ジェイルブレイク)した
  • 本体が故障した
  • ウイルスに感染した

使用環境が悪い

過度に高温または低温な環境での使用は、iPhoneの電源が勝手に落ちる主な原因の一つです。

Appleの公式ガイドラインによると、iPhoneは0℃から35℃の範囲で最適に動作するとされています。そのため、その範囲外の環境で使用すると機器が故障する可能性があります。

特に夏の直射日光や冬の屋外など、極端な温度変化が発生する環境では、温度管理に注意しましょう。

OSの不具合が発生している

iOSのバグやシステムの不具合は、時に電源トラブルの原因になり得ます。しかし、このトラブルはAppleが提供する定期的なソフトウェアアップデートによって解決できることが多いです。iOSの最新バージョンにアップデートすることで、これらの不具合を修正し、システムの安定性を高めることができます。

インストールしたアプリに不具合が発生している

サードパーティのアプリによる不具合も、電源トラブルの原因となることがあります。不安定なアプリやメモリを過度に消費するアプリは、システムの安定性に影響を及ぼす可能性があります。App Storeのレビューやアップデートの履歴をチェックし、問題があるアプリは削除することが賢明です。

iPhoneのメモリが不足している

メモリ不足は、iPhoneのパフォーマンス低下や勝手に電源が落ちる原因となります。不要なファイルやアプリを定期的に削除することでメモリを解放し、デバイスの動作をスムーズに保つことが重要です。

バッテリーが劣化している

バッテリーの劣化は、特に古いiPhoneモデルにおいて、電源問題の一般的な原因です。設定メニューの「バッテリーの状態」機能を通じて、バッテリーの健康状態を確認し、必要に応じて公認のサービスプロバイダでバッテリーを交換することをおすすめします。

iPhoneを脱獄(ジェイルブレイク)した

脱獄は、iPhoneのセキュリティと安定性を損なう可能性があります。脱獄により、非公式アプリのインストールが可能になりますが、これによって生じる不具合やセキュリティリスクは、電源トラブルの原因となります。

本体が故障した

物理的なダメージはiPhoneの電源が勝手に落ちる原因の1つです。例えば、水没や落下による衝撃は内部コンポーネントに損傷を与え、電源トラブルを引き起こすことがあります。保護ケースの使用や機器の取り扱いに注意し、リスクを最小限に抑えることが重要です。

ウイルスに感染した

ウイルスやマルウェアに感染すると、デバイスの動作に影響を及ぼし、電源が勝手に落ちることがあります。また、ウイルス感染によって個人情報が漏えいするリスクも高まります。個人情報が漏えいすると、迷惑メールや詐欺電話のターゲットになったりクレジットカードを不正利用されたりする恐れがあります。

ウイルス感染が疑われる場合、感染経路や被害状況を調査することが必要です。なぜなら、感染経路を把握することで、ウイルスがどのようにデバイスに侵入したかが明確になり、将来的に同じ方法での感染を避けることができるからです。また被害状況を明らかにすることによって、ウイルス感染によってどのデータがどれくらい危険にさらされているのか、何のデータが漏洩した可能性があるのかを把握し、適切に対処することができます。

そのためウイルスに感染した疑いがある場合は、感染経路や被害範囲を調査するようにしましょう。

iPhoneの電源が勝手に落ちるときの対処法

iPhoneの電源が勝手に落ちるときの対処法は以下のとおりです。

  • iPhoneを再起動する
  • 充電する
  • iOS・アプリをアップデートする
  • 不要なアプリ・見覚えのないアプリを削除する
  • iPhoneを初期化する
  • ハッキング調査の専門家に調べてもらう

iPhoneを再起動する

システムの一時的な不具合は、再起動で解決することがあります。再起動は、メモリのクリアや一時的なシステムエラーの解消に役立ちます。Appleのサポートページによると、異なるiPhoneモデルにはそれぞれ特有の再起動方法があり、これを適切に行うことで、多くの一時的な問題が解消されます。

充電する

バッテリー残量不足も、電源トラブルの一般的な原因です。特にバッテリーの劣化が進んでいる古いモデルのiPhoneでは、バッテリー残量が少なくなるとデバイスのパフォーマンスが落ちることがあります。常にバッテリー残量を適切なレベルに保つことが重要で、Appleは定期的な充電サイクルを推奨しています。

iOS・アプリをアップデートする

iOSのバージョンが古い、またはアプリが最新の状態でない場合、パフォーマンスやセキュリティに影響を及ぼす可能性があります。Appleは定期的にiOSのアップデートをリリースしており、アップデートを実行することでセキュリティの強化やバグの修正が可能です。iOSやインストール済みのアプリも最新の状態に保つようにしましょう。

不要なアプリ・見覚えのないアプリを削除する

不要なアプリや見覚えのないアプリは、デバイスのストレージを圧迫し、パフォーマンスに悪影響を及ぼすことがあります。定期的にアプリを整理し、使用しないアプリは削除することで、iPhoneの動作をスムーズに保つことができます。また、信頼できないソースからのアプリはセキュリティリスクを高める可能性があるため、削除するようにしましょう。

iPhoneを初期化する

深刻なソフトウェアの問題や、解決が困難なエラーが発生した場合、デバイスの初期化が有効な解決策となることがあります。ただし、初期化はデバイスを工場出荷時の状態に戻す作業のため、重要なデータが消失してしまいます。データを消失させたくない場合は、専門業者に相談しましょう。

ハッキング調査の専門家に調べてもらう

iPhoneの電源が勝手に落ちる場合、ウイルスに感染している可能性があります。その場合、ハッキングの専門家に「フォレンジック調査」を行ってもらいましょう。フォレンジック調査は、法的に正しい手続きを用いてデジタル端末を解析する専門的な手法です。iPhoneなどのデジタル機器へのハッキング・乗っ取り・不正アクセスの有無や侵入経路の特定を行うことができます。

専門のエンジニアは、特定のツールと技術を使用してiPhoneの分析を行い、ウイルスによる被害の全容を明らかにします。また、ウイルスの除去方法や将来的な感染を防ぐための対策を提案することもできます。

そのため、iPhoneの電源が勝手に落ちる場合は、ハッキング調査の専門家に調査を依頼しましょう。調査業者を選ぶポイントや費用の相場などはこちらの記事でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのフォレンジック調査会社

フォレンジック調査はまだまだ一般的に馴染みが薄く、どのような判断基準で依頼先を選定すればよいか分からない方も多いと思います。そこで、30社以上の会社から以下のポイントで厳選した編集部おすすめの調査会社を紹介します。

信頼できるフォレンジック調査会社を選ぶポイント

  • 官公庁・捜査機関・大手法人の依頼実績がある
  • 緊急時のスピード対応が可能
  • セキュリティ体制が整っている
  • 法的証拠となる調査報告書を発行できる
  • データ復旧作業に対応している
  • 費用形態が明確である

上記のポイントから厳選したおすすめのフォレンジック調査会社は、デジタルデータフォレンジックです。

デジタルデータフォレンジック

 

公式サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、累計3万2千件以上の豊富な相談実績を持ち、全国各地の警察・捜査機関からの相談実績も360件以上ある国内有数のフォレンジック調査サービスです。

一般的なフォレンジック調査会社と比較して対応範囲が幅広く、法人のサイバー攻撃被害調査や社内不正調査に加えて、個人のハッキング調査・パスワード解析まで受け付けています。24時間365日の相談窓口があり、最短30分で無料のWeb打合せ可能とスピーディーに対応してくれるので、緊急時でも安心です。

運営元であるデジタルデータソリューション株式会社では14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービスも展開しており、万が一必要なデータが暗号化・削除されている場合でも、高い技術力で復元できるという強みを持っています。調査・解析・復旧技術の高さから、何度もテレビや新聞などのメディアに取り上げられている優良企業です。
相談から見積りまで無料で対応してくれるので、フォレンジック調査の依頼が初めてという方もまずは気軽に相談してみることをおすすめします。

費用 ★相談・見積り無料 まずはご相談をおすすめします
調査対象 デジタル機器全般:PC/スマートフォン/サーバ/外付けHDD/USBメモリ/SDカード/タブレット 等
サービス ●サイバーインシデント調査:
マルウェア・ランサムウェア感染調査、サイバー攻撃調査、情報漏洩調査、ハッキング調査、不正アクセス(Webサイト改ざん)調査、サポート詐欺被害調査、Emotet感染調査
●社内不正調査:
退職者の不正調査、情報持ち出し調査、横領・着服調査、労働問題調査、文書・データ改ざん調査、証拠データ復元
●その他のサービス:
パスワード解除、デジタル遺品調査、セキュリティ診断、ペネトレーションテスト(侵入テスト)、OSINT調査(ダークウェブ調査) 等
※法人・個人問わず対応可能
特長 官公庁・法人・捜査機関への協力を含む、累計23,000件以上の相談実績
✔企業で発生しうるサイバーインシデント・人的インシデントの両方に対応
✔国際標準規格ISO27001/Pマークを取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰など豊富な実績
✔14年連続国内売上No.1のデータ復旧サービス(※)を保有する企業が調査
※第三者機関による、データ復旧サービスでの売上の調査結果に基づく。(2007年~2020年)
基本情報 運営会社:デジタルデータソリューション株式会社
所在地:東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー15階
受付時間 24時間365日 年中無休で営業(土日・祝日も対応可)
★最短30分でWeb打合せ(無料)

>フォレンジック調査会社の一覧リストはこちら

iPhoneがウイルスに感染するとどうなる?

iPhoneがウイルスに感染すると、以下のような被害が発生する可能性があります。

  • 金銭を要求される
  • 遠隔操作される
  • 個人情報が漏えいする

金銭を要求される

ウイルスに感染すると、時には金銭を要求されることがあります。これは、詐欺師がウイルスを使ってデバイスをロックし、解除のための料金を請求するケースです。

遠隔操作される

ウイルスの影響で、iPhoneが遠隔操作されることもあります。これにより、プライバシーの侵害やさらなるセキュリティリスクが生じる可能性があります。

個人情報が漏えいする

ウイルス感染は、個人情報の漏洩を引き起こす危険性もあります。連絡先、写真、文書などの個人データが第三者に漏れることが考えられます。

まとめ

この記事では、iPhoneが勝手に電源が落ちるさまざまな原因と、それに対する効果的な対処法について詳しく解説しました。

iPhoneの電源が勝手に落ちる問題に対処するためには、まず簡単な再起動から始め、充電状態を確認し、iOSやアプリのアップデートを行うことが推奨されます。また、不要なアプリの削除や、深刻な問題の場合にはデバイスの初期化を検討することも有効です。

ウイルスに感染している疑いがある場合は、セキュリティの専門家に相談し、デジタルデータフォレンジックなどの信頼できるハッキング調査会社に調査を依頼しましょう。

SNSでもご購読できます。