サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

フォレンジック調査とは?費用や相場・おすすめ業者を徹底比較!

  • LINEで送る

「フォレンジック調査」は日本ではまだまだ聞き慣れない用語ではありますが、デジタル化が進みゆく社会のなかで、その重要性は年々高まっています。今回は「フォレンジック調査」の詳細やサービス利用のケース、費用などについて紹介します。

フォレンジック調査とは?

「フォレンジック調査」とは、犯罪の調査における法的証拠の収集を行う鑑識・調査を指します。フォレンジック(forensic)は「法廷の」という意味であり、PCやHDD、スマホなどのデジタル機器やネットワーク上から、犯罪の証拠となるファイルやメールの特定・不正アクセスのログの検出などをすることによって、インシデント(事件)を明らかにするために利用されます。

フォレンジック調査・サービスの種類

フォレンジック調査は、調査の対象によって分けられ、大きく下記の2つに分けられます。

コンピュータフォレンジック(デジタルフォレンジック)

PCやHDD、スマホなどのデジタル機器から電子記録(デジタルデータ)を収集する調査方法や技術。デジタル機器から証拠となる既存データを抽出するのはもちろん、意図的に削除されたデータの復元や、サーバのログから不正アクセスの記録を取得するなど、非常に高度な技術や専門知識が必要とされる。

ネットワークフォレンジック

デジタル機器そのものではなく、ネットワーク上のログやパケットを解析対象とした調査方法や技術。必要に応じて通信内容の復元などを行い、不正を行っている可能性がある端末の絞り込みや、ネットワーク上の不審な挙動の検出を行う。

フォレンジック調査を利用するケース

フォレンジック調査が必要になるケースは以下のような場合があげられます。裁判利用の証拠が必要となる場合や、サイバー攻撃被害に遭った場合がほとんどです。

社内の不正(横領・情報持出し・情報漏洩・データ改ざん)

社員の横領や怪文書などのデータ改ざん・退職者の情報持出しなど、社内で不正が行われる際には必ずデジタル機器やネットワーク上に証拠があります。消されたデータの復元なども含め、社内不正が起きた場合はフォレンジック調査が有効です。

労務訴訟・労働争議(残業代・ハラスメント)

残業代の不当請求や職務怠慢・ハラスメントなど、内部不正の調査が必要な場合です。フォレンジック調査によって、PCの利用状況や、チャット・メールの復元などによって実態を明らかにすることが可能です。

ハッキング・サイバー攻撃・ウイルス感染

「ハッキングやサイバー攻撃の被害にあった」「マルウェア感染してしまった」といった場合です。これらはデジタル機器やネットワークを通じて行われるため、フォレンジック調査によって被害の有無や被害端末・データの特定が可能です。

フォレンジック調査にかかる費用・相場

フォレンジック調査にかかる費用は「調査内容」「調査規模」など様々な要因によって異なるため、フォレンジック業者に見積りをとる形になります。相場としては機器1台につき数十万~数百万円程度はかかるのが一般的です。金額は業者によってもまちまちのため、まずは相談して見積りをとりましょう。

おすすめフォレンジック業者ランキング

フォレンジック調査はメジャーなサービスではなく、業者選びの際もどのような判断基準で選定すればよいのか分からない方も多いかと思います。そこで、対応領域や費用・実績などを踏まえ、おすすめフォレンジック業者を紹介します。

第1位 デジタルデータフォレンジック


サイトデジタルデータフォレンジック

デジタルデータフォレンジックは、国内売上No.1のデータの復元業者が提供しているフォレンジックサービスで、データの削除や機器の破壊などが絡む場合には、特におすすめの業者です。

警視庁からの捜査依頼実績も多数あることから実績面でも信頼ができます。また、法人/個人問わず対応しているため費用面でも安心でき、法人の社内インシデントから個人のハッキング調査・浮気調査・パスワード解析まで、幅広い対応を可能としている汎用性の高い業者です。

費用 相談・見積り無料
調査対象 PC、スマートフォン、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、タブレット など
サービス 退職者調査、労働問題調査、社内不正調査、情報持出し調査、横領着服調査、パスワード解除、ハッキング・不正アクセス調査、データ改竄調査、データ復元、マルウェア・ランサムウェア感染調査、デジタル遺品、離婚問題・浮気調査 など
特長 法人/個人問わず幅広く対応
11年連続国内売上No.1のデータ復元サービス
警視庁からの捜査協力依頼実績が多数あり

第2位 ネットエージェント


サイトネットエージェント

ネットエージェントは、国内最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」を提供する株式会社LACがもつフォレンジック業者です。メインサービスとして、セキュリティソリューションやシステムインテグレーションを手掛けているため、セキュリティ関連のインシデントが起きた際におすすめの業者といえます。

費用 記載なし
調査対象 PC、スマートフォン/タブレット、サーバ、外付けHDD、USBメモリ、SDカード など
サービス 情報漏えい調査、ハッキング・不正アクセス調査、サイバー攻撃・標的型攻撃調査、マルウェア・ランサムウェア感染調査、内部不正調査、労務訴訟・労働争議 など
特長 国内最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」
法人のみ対応(問合せフォームに会社名・従業員数が必須のため)

第3位 スプラウト


サイトスプラウト

スプラウトはサイバーセキュリティ事業を手掛ける専門家集団です。2012年設立とまだまだ若い業者ではあるものの、ホワイトハッカーの持つ技術力と、独自ネットワークによる高い情報収集力で、企業や政府の活動を阻害するサイバーセキュリティ・リスクを取り除くサポートを行っています。

費用 ヒアリング無料
調査対象 PC、スマートフォン など ※OSはWindows, Mac, Linux, iOS, Android
サービス セキュリティ診断、ペネトレーションテスト、バグ報奨金プラットフォーム、レッドチーム演習、コンサルティング、デジタルフォレンジック、ファストフォレンジック など
特長 ホワイトハッカーを中心とした専門家集団
法人のみ対応(問合せフォームに会社名が必須のため)

まとめ

今回は、フォレンジック調査の概要やおすすめフォレンジック業者について紹介しました。フォレンジックサービスは、まだまだ日本では認知度の低いサービスですが、IT化が加速しているなか、その需要はますます高まっています。デジタル機器やネットワークを通してインシデントが発生した場合には、状況に応じて、自分に合ったフォレンジック業者の選定やサービス利用を行ってみてください。

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。