RAWになったHDDのエラーを修復しデータ復旧する方法を解説|サイバーセキュリティ.com

RAWになったHDDのエラーを修復しデータ復旧する方法を解説



HDDが突然「RAW」という状態になり、アクセスできなくなって困ったことはありませんか?

RAW(未フォーマット)の状態になるとは、異なるファイルシステムに切り替わってしまい、内部にアクセスできないことを指します。RAW化を解消するためには、Windowsがファイルシステムを認識できるようにする必要があります。

そこで今回はHDDがRAWになっているか確認する方法と原因、RAW化を解消する対処法を解説します。各操作が難しい方や確実にデータだけでも取り出したい方の為に、おすすめのデータ復旧業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

HDDがRAWになっているか確認する方法

Windowsを使用して、HDDがRAWになっているかを確認する方法は以下のとおりです。

  1. Windowsの左下に表示されている「スタート」ボタンをクリック
  2. 表示された画面から「コンピューター」を右クリック
  3. 「管理」をクリック
  4. 「ディスクの管理」をクリック
  5. アクセスできていないドライブに「RAW」と表示されている

以上の方法でHDDに異常が見当たらない場合には、HDD自体が故障している可能性があります。大切なデータを保存している場合には、一度専門業者に相談しましょう。

HDDがRAWになる原因

HDDがRAWになる原因を説明します。原因は以下の2つであることが多いので、確認してみましょう。

  • MBRが破損している
  • コネクタや電源コードなどの接続不良

MBRが破損している

MBRとはマスターブレ―トコードの略称で、起動に必要なプログラムのことです。パソコンの起動に必要な情報やデータの構造を記憶している重要な領域です。

そのためMBRが破損したり、データを読み込むことができなくなっていたりすると、HDDがRAWになっていることがあります。

コネクタや電源コードなどの接続不良

コネクタや電源コードなどが接触不良を起こしているとHDDがRAWになる原因になります。

また、掃除などをした際に誤ってコネクタや電源コードを外し、接続がしっかりできていない場合があります。コネクタや電源コードなどが接触不良を起こしていてHDDに十分な電源が送れていないというパターンも考えられます。

この場合はHDD自体には特に問題がない可能性が高いので、コネクタをきちんと接続したり、電源ユニット等を交換すれば解決します。

RAWになったHDDの対処法

HDDがRAWになった時の対処法は以下の3つです。

  • コマンドプロンプトを使用
  • 復旧ソフトを使用
  • データ復旧業者に相談

コマンドプロンプトを使用

コマンドプロンプトを使用して、フォーマットすることなく、HDDをRAWの状態から正常なNTFSに修復する方法を紹介します。

以下の順序で操作してください。

  1. パソコンにRAWドライブを接続
  2. Win + R を同時に押す
  3. 「cmd」と入力
  4. 「enter」を押す
  5. 「H: /FS :NTFS」と入力【HのところにRAWドライブのラベルを入力】

なお、もし操作を誤ってしまうと、フォーマットしてデータがすべて消えてしまったり、不要な設定変更を実行してしまう可能性もあります。

自力での作業が不安な方は、データ復旧業者に相談しましょう。

データ復元ソフトを使用

軽度の論理障害の場合には、データ復元ソフトでデータを復元できる可能性があります。

復旧ソフトを使用する場合は使用するメーカーによって復旧方法が異なるので、うまく作業ができない時は使用しているメーカーのホームページを参考にしてください。なお、物理障害や重度の論理障害にデータ復元ソフトを使用すると、PCの状態を悪化させてしまう可能性があります。より確実に復旧するなら、データ復旧業者に相談したほうが安心です。

データ復元ソフトを使用したい方は以下の記事もあわせてご覧いただき、リスクなどを理解した上で使用するようにしましょう。

データ復旧業者に相談

HDDがRAW化してしまった時に一番確実なのは、データ復旧業者に依頼することです。

自力で対処すると、フォーマットなどによってデータが削除されるリスクがあるので、設備や実績がある専門業者に依頼しましょう。データ復旧業者では、さまざまな状態のHDDから適切にデータを復旧するためのノウハウや設備が備わっています。無料で診断・見積ができるデータ復旧業者もあるので、診断の結果を確認してから依頼するかどうか決めることも可能です。

HDDが突然RAWになった時などは故障の可能性もあるので、もし重要なデータを保存したHDDであれば自力であれこれ対処する前にデータ復旧業者に相談してください。

おすすめのデータ復旧業者

データが必要な場合、技術力のある適切な業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。

そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

HDDがRAWになっている時のまとめ

今回はHDDがRAWになっているか確認する方法と原因、そして、対処法を紹介しました。

HDDがRAWになってしまった時は、主にフォーマットしないように注意しながら対処することが重要です。

保存しているデータを失ってしまうリスクがあるので、確実にデータを取り出したい方や不安な方はデータ復旧業者に相談してみましょう。

SNSでもご購読できます。