サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

BitLockerが解除できないときの対処法とループするときの解決法を解説

ビットロッカー

BitLockerを解除する際に、パスワードや回復キーを要求されます。

パスワードを忘れてしまった」「回復キーの保存先を忘れてしまった」といった場合、内部のデータを復旧・復元するためにはどのようにすればよいのでしょうか。

今回は、以下の対処法を解説します。

  • BitLockerが解除できなくなってしまったときの解除方法
  • BitLockerの解除要求がループしてしまっている場合の対処法

また、自力での解除が難しい場合のために、おすすめのデータ復旧業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。

BitLockerとは

BitLockerとは、Windows10Pro以上のPCに搭載されている暗号化機能です。解除には回復キーが必要になります。

BitLockerを有効にすることで、内蔵HDD/SSDや外部記憶装置(USBメモリやリムーバブルハードディスクなど)などの内容を暗号化することが可能です。そのため、PCを紛失してしまった際や盗難されてしまった際などに、情報漏えいのリスク低減に繋がります。

テレワークが普及しBitLockerを使用する機会が増えたことで、BitLockerを解除できなくなるトラブルも増えています。

BitLocker回復キーとは

Windows 11便利テク】知らないと“いざ”というときに詰む「BitLocker回復キー」 - PC Watch

BitLockerを解除する際は、

  • BitLockerを有効にしたときに作成した「パスワード
  • パスワードを忘れた場合や第三者が開く場合に必要となる48桁の「回復キー

を入力する必要があります。

また、「回復キー」は、最初に与えられた際、以下のような場所に保存(バックアップ)することを推奨されています。

  • Microsoftアカウント
  • USBフラッシュドライブに保存する
  • ファイルに保存する
  • 回復キーを印刷する

公式サイトMicrosoftサポートページ(詳細の解説)

BitLockerの回復ループを解除する方法

BitLockerには、「回復キー」が正常に受け入れられ、ロックが解除できたにもかかわらず、何度もキーの再入力を求められる場合があります。また、この動作がループするときは、BitLockerを停止する必要があります。

BitLockerを一時停止・強制解除する方法を紹介します。

ブルースクリーンの状態からBitLockerを解除する

コマンドプロントを使用することで、強制解除を行うことがてきます。

  1. ブルースクリーン上にある「回復オプションの詳細は、Escキーを押してください」の指示に従い、「Escキー」を押しましょう。
  2. 詳細設定」→「トラブルシューティング」→「詳細設定」→「コマンド プロンプト」の順にクリックしましょう。
  3. 「コマンドプロンプト」で右記を記入しましょう。 「manage-bde -status c:
  4. 「ロック済み」の場合には、右記を記入しましょう。 「manage-bde -unlock c: -rp 48桁のリカバーリパスワード
  5. 解除後、右記を記入 「manage-bde -protectors -disable c:
  6. 終了後、正常に再起動できると完了です

起動後の状態からBitLockerを解除する

エクスプローラーから解除する手順

  1. 暗号化済みのドライブを選択しましょう。
  2. パスワードを入力し、ロック解除をクリックしましょう。
  3. ドライブ内で右クリックを押してメニューを開き、「BitLockerの管理」を選択しましょう。
  4. BitLockerを無効にする」を選択してパスワードを入力すると完了です。

BitLocker回復キーの確認方法

BitLockerを解除する際に「回復キー」が必要になります。回復キーがわからないときの、回復キーの確認方法を紹介します。

他の人に聞く

BitLocker回復キーがわからない場合や保存場所がわからなくなってしまった場合には、他の人に協力してもらうことで解決できる可能性もあります。

これは、同じPCで管理者権限を持つユーザーのキーを使用してロック解除を行ってもらい、システム管理者に回復キーを要求することで解決できる可能性があります。

Microsoftアカウントを確認する

BitLockerを有効にした際、「回復キー」をMicrosoftアカウントに保存した場合は、Microsoftアカウントにログインすることで「回復キー」を確認することができます。

別のパソコンやスマホからMicrosoftアカウントにログインし、BitLocker回復キーを表示してください。

バックアップを探す

他にも「回復キー」が作成された際に、バックアップ方法として「ファイルに保存」や「USBメモリに保存」などが推奨されています。一度これらのバックアップ先に「回復キー」のデータが存在しないかを探しましょう。

探してもバックアップが見つからない場合やそもそもバックアップが行われていない場合など、「回復キー」がわからない場合には、個人での対処は行わず、データ復旧専門業者に相談することをおすすめします。

また、BitLockerの解除を行うことはデータ復旧業者でも困難な場合があります。そのため、データ復旧業者へ依頼することを検討されている場合、相談から見積もりまで無料の専門業者に相談すると安心です。

おすすめの専門業者

データ復旧専門業者に依頼するのであれば、データを復旧出来なければ意味がありません。

そこで、「復旧率の高い(=技術力が高い)」データ復旧に対応している専門業者を選定しました。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 パソコン(ノート/デスクトップ)、SSD、RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

今回の記事では、BitLockerが解除できない際のデータ復旧方法を解説しました。

BitLocker回復キーやパスワードを忘れてしまうと、個人でのデータ復号は非常に難しいです。内部に入っているデータの重要度によって、データ復旧専門業者に依頼するかを検討しましょう。

SNSでもご購読できます。