BitLocker(ビットロッカー)が解除できない・回復キーがわからないときの解決法を解説|サイバーセキュリティ.com

BitLocker(ビットロッカー)が解除できない・回復キーがわからないときの解決法を解説

本コンテンツには広告を含み、本コンテンツを経由して商品・サービスの申込みがあった場合、提携している各掲載企業から送客手数料を受け取ることがあります。

ビットロッカー

この記事は

  • BitLockerの回復キーの保存場所がわからず、解除できない
  • BitLockerを強制解除する方法が知りたい
  • BitLocker回復キーを確認したい

以上の方に向けた記事となります。

パソコンを使用していて、一定の条件が満たされると突然青い画面が表示され、48桁の回復キーの入力を要求される場合があります。

パスワードを忘れてしまった」「回復キーの保存先を忘れてしまった」といった場合、BitLockerを解除するにはどのようなアプローチが有効になるのでしょうか。またBitLockerがかかったパソコンから内部のデータを復旧・復元する方法にはどのような方法が有効か解説します。

自力での解除が難しい場合、一部のデータ復旧業者であれば解決できることがあります。本記事でおすすめのデータ復旧業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。

この記事の目次

BitLocker(ビットロッカー)とは

BitLockerとは、Windows10Pro以上のPCに搭載されている暗号化機能です。解除には回復キーが必要になります。

BitLockerを有効にすることで、内蔵HDD/SSDや外部記憶装置(USBメモリやリムーバブルハードディスクなど)などの内容を暗号化することが可能です。そのため、PCを紛失してしまった際や盗難されてしまった際などに、情報漏えいのリスク低減に繋がります。

テレワークが普及しBitLockerを使用する機会が増えたことで、BitLockerを解除できなくなるトラブルも増えています。

HDDのデータ復旧に関してはこちら

BitLocker回復キーの保存場所がわからなくなる理由

Windows 11便利テク】知らないと“いざ”というときに詰む「BitLocker回復キー」 - PC Watch

BitLockerを解除する際は、以下の2点が必要です。

  • BitLockerを有効にしたときに作成した「パスワード
  • パスワードを忘れた場合や第三者が開く場合に必要となる48桁の「回復キー

以上を入力する必要があります。しかし、BitLocker回復キーの入力を求められるのは不正アクセスの可能性が検出されたときや更新プログラムの不具合が発生した時など非常に限られてきます。したがって、回復キーを急に求められてもどこに保存してあるかわからず、やむなくパソコンを初期化してしまうケースも後を絶ちません。

メーカー製パソコンなど、自動的にBitLockerが有効化される場合、Microsoftアカウントにログインできれば回復キーを確認できます。

なおBitLockerを自身で設定した場合、以下から回復キーの保存先を選ぶことができるので、忘れないようにしておきましょう。

  • Microsoftアカウント
  • USBフラッシュドライブに保存する
  • ファイルに保存する
  • 回復キーを印刷する

公式サイトMicrosoftサポートページ(詳細の解説)

BitLocker回復キーの確認方法

BitLockerを解除する際に「回復キー」が必要になります。回復キーがわからないときの、回復キーの確認方法を紹介します。

システム担当者に聞く

BitLocker回復キーがわからない場合や保存場所がわからなくなってしまった場合には、他の人に協力してもらうことで解決できる可能性もあります。職場などの場合、システム担当者が把握している可能性があるので、自分で回復キーを入力する前にまずは相談しましょう。

システム担当者から回復キーを教えてもらうことで解決できる可能性があります。

Microsoftアカウントを確認する

BitLockerを有効にした際、「回復キー」をMicrosoftアカウントに保存した場合は、Microsoftアカウントにログインすることで「回復キー」を確認することができます。

別のパソコンやスマホからMicrosoftアカウントにログインし、BitLocker回復キーを表示してください。

他にも「回復キー」が作成された際に、バックアップ方法として「ファイルに保存」や「USBメモリに保存」などが推奨されています。一度これらのバックアップ先に「回復キー」のデータが存在しないかを探しましょう。

探してもバックアップが見つからない場合やそもそもバックアップが行われていない場合など、「回復キー」がわからない場合には、個人での対処は行わず、データ復旧専門業者に相談することをおすすめします。

BitLockerの解除はかなり難易度が高い作業ですが、技術力の高い業者であれば復元できる可能性があります。業者を選ぶ際は、技術力の高さを必ず確認するようにしましょう。

BitLocker(ビットロッカー)を強制解除する方法

BitLockerには、「回復キー」が正常に受け入れられ、ロックが解除できたにもかかわらず、何度もキーの再入力を求められる場合があります。また、この動作がループするときは、BitLockerを停止する必要があります。

BitLockerを一時停止・強制解除する方法を紹介します。

ブルースクリーンの状態からBitLockerを解除する

コマンドプロントを使用することで、強制解除を行うことができます。

ブルースクリーンから解除する手順

  1. ブルースクリーン上にある「回復オプションの詳細は、Escキーを押してください」の指示に従い、「Escキー」を押しましょう。
  2. 詳細設定」→「トラブルシューティング」→「詳細設定」→「コマンド プロンプト」の順にクリックしましょう。
  3. 「コマンドプロンプト」で右記を記入しましょう。 「manage-bde -status c:
  4. 「ロック済み」の場合には、右記を記入しましょう。 「manage-bde -unlock c: -rp 48桁のリカバーリパスワード
  5. 解除後、右記を記入 「manage-bde -protectors -disable c:
  6. 終了後、正常に再起動できると完了です

エクスプローラーからBitLockerを解除する

エクスプローラーからBitLockerを無効にすることで解除が可能です。

エクスプローラーから解除する手順

  1. 暗号化済みのドライブを選択しましょう。
  2. パスワードを入力し、ロック解除をクリックしましょう。
  3. ドライブ内で右クリックを押してメニューを開き、「BitLockerの管理」を選択しましょう。
  4. BitLockerを無効にする」を選択してパスワードを入力すると完了です。

上記の手順でも解決しない場合はデータ復旧業者に相談するという方法もあります。データ復旧の専門の業者であれば、正常に動作しないパソコンからでもデータを救出できる可能性もあるので、緊急でお困りの場合は相談してみるとよいでしょう。

▶復旧率95.2%のデータ復旧業者はこちら

「サービス」からBitLockerを強制解除する

BitLockerの「サービス」から強制解除を行うことも可能です。具体的な方法は以下の通りです。

  1. 「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」を開く
  2.   入力欄に「services.msc」と入力する
  3. 「サービス」の中から、「BitLocker Drive Encryption Service」を探してクリックする
  4. 「プロパティ」のスタートアップの種類を選択し、「無効」に切り替える
  5. 「適用」を押すとパソコンが再起動される

グループポリシーエディタからBitLockerを強制解除する

システム管理者であれば、グループポリシーエディタからBitLockerを強制的に解除することが可能です。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. スタートメニューをクリックし、入力欄に「grou」と入力する
  2. 「グループポリシーの編集」をクリックする
  3. ローカルエディターポリシーから「コンピューターの構成」、「管理用テンプレート」、「Windowsコンポーネント」の順にクリックする
  4. 更に「BitLockerドライブ暗号化」、「リムーバブルドライブでのBitLockerの使用を制御する」の順でファイルをクリックする
  5. 「リムーバブルドライブでのBitLockerの使用を制御する」にある「無効」を選び、OKを押すとBitLockerの強制解除ができる

コントロールパネルからBitLockerを解除する

コントロールパネルからBitLockerを無効にすることで解除が可能です。

コントロールパネルから解除する手順

  1. タスクバーの検索欄に「コントロールパネル」と入力し、コントロールパネルを開きましょう。
  2. 「システムセキュリティ」をクリックし、「BitLocker ドライブ暗号化」を選択しましょう。
  3. 「オペレーティング システム ドライブ」欄の「BitLockerを無効にする」をクリックしましょう。
  4. 表示された画面で「BitLockerを無効にする」を選択し、解除完了です。

PowerShellからBitLockerを解除する

Windows PowerShellのコマンドを使用してBitLockerを解除することが可能です。

WindowsのPowerShellを使用し解除する手順

  1. Windowsのスタートメニューの検索欄に「powershell」と入力しましょう。
  2. 管理者として実行をクリックしましょう。
  3. 「Disable-BitLocker -MountPoint 任意のドライブ名:」と入力してEnterキーを押すと、解除完了です。

おすすめの専門業者

BitLockerが自分で解除できないときは、専門業者に相談するという手もあります。

こちらの業者は、データ復旧業者のなかでも復旧率が高く過去の相談件数も41万件以上と非常に経験豊富なおすすめのデータ復旧業者です。

BitLockerが解除できないときでもデータを救出する方法があるかもしれないので、一度相談してみるとよいでしょう。

デジタルデータリカバリー


公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積41万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 パソコン(ノート/デスクトップ)、SSD、RAID機器(NAS/サーバー)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 14年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積41万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

BitLockerがかかった機器の調査・解析を希望する場合にもおすすめ

企業などで使用していた機器で、退職者しか回復キーを知らずBitLockerを解除できず困るケースもあります。

こちらのデジタルデータリカバリーを運営しているデジタルデータソリューション株式会社では、退職者の調査や機器の痕跡を解析するサービスも提供しており、復旧からデータ解析まで一貫して対応してもらうことができます。

BitLocker解除後に調査・解析も希望する場合には、デジタルデータリカバリーへの相談がおすすめです。

データの解析・調査について詳しく知りたい方は、こちらの記事をあわせてご覧ください。

退職者などのパソコンの調査・解析について詳しく知りたい方はこちら

BitLocker回復キーがわからない場合の対処法

BitLocker回復キーを忘れてしまった場合の対処方法を8つ紹介します。

詳しく見ていきましょう。

コンピューターでBitLocker回復キーを検索する

BitLocker Pin回復キーは多様な場所に保存でき、パスワードを忘れてしまった場合でも、どこかにバックアップがあればパスワードは復旧できます。

  • Microsoftアカウント
  • USBフラッシュドライブ
  • 紙ファイル

上記に書き込まれているか確認してみて下さい。

また、BitLockerの情報はローカルコンピューター上のBEKファイルに保存してある可能性があります。

以下は、BEKファイルを見つける手順は以下の通りです。

  1. Windowsキー+Eキーを押し、エクスプローラーを開く
  2. 検索ボックスで「*.bek」を入力し検索
  3. Recovery Keyを確認する

上記の結果で、「Recovery Key」の後に数字があり、これが回復キーです。

普段使っているパスワードでアクセスしてみる

BitLockerで普段使っているパスワードなどを設定している可能性があります。

普段使っている、Microsoft、Google、電子メールのパスワードを使用してみてください。

運が良ければ、ブロックされたドライブにアクセスできるかもしれません。

コントロールパネルから確認する

BitLocker回復キーがわからない場合、コントロールパネルを利用すれば確認できます。この方法は回復キーをMicrosoftアカウントに保存している場合に有効です。コントロールパネルから確認する方法は以下の通りです。

  1. Microsoftアカウントにサインインする
  2. コントロールパネルの「システムとセキュリティ」をクリックする
  3. 「BitLockerドライブ暗号化」または「デバイスの暗号化」
  4. 「BitLocker回復キーのバックアップ」から「BitLocker回復キーを印刷する」をクリックする
  5. BitLocker回復キーが書かれたPDFデータが出力されるので、任意で印刷して保管する

専門的なBitLocker回復キー解析ソフトを使用する

Windows 10 BitLocker回復キー」がわからないとき、手段の一つとして「BitLocker専門の解析ソフト」を使用する方法があります。

以下がBitLocker専門の解析ソフトの例です。

BitCracker

ハードドライブ、USBフラッシュドライブ、SDカードなど様々な記憶媒体用で使用できるBitLocker回復キーの解析ソフトです。

Passware Kit

ドキュメントやフルディスクを含めた、さまざまな種類のファイル形式を解読し、ブラウザ、メール、Webのパスワードを解読することができます。

CMDを使って強制回復を実行する

CMDで強制回復を行うことで、BitLocker Pin回復キーを見つけられる可能性があります。

ローカルコンピューター、またはリモートコンピューターで試すことができます。

ローカルコンピューターでの強制回復を実行する手順

ローカルコンピューターでの強制回復の手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面左下の「検索ボックス」に「CMD」と入力します。
  2. 検索結果の中から「コマンドプロンプト」のアプリケーションを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  3. 管理者権限を要求されたら「はい」をクリックします。
  4. コマンドプロンプトウィンドウで「manage-bde -forcerecovery <(Volume)>」と入力し「Enter」キーを押します。
    ※Volume:暗号化されたドライブの文字を入力

リモートコンピューターで強制回復を実行する手順

リモートコンピューターでの強制回復の手順は以下の通りです。

  1. ホーム画面左下の「検索ボックス」に「CMD」と入力します。
  2. 検索結果の中から「コマンドプロンプト」のアプリケーションを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  3. 管理者権限を要求されたら「はい」をクリックします。
  4. コマンドプロンプトウィンドウで「manage-bde -ComputerName <ComputerName> -forcerecovery <Volume>」と入力します。

BitLockerPinの回復キーをリセットする

Windows10でBitLocker Pinの回復キーがわからない、忘れてしまった場合は、変更するまたはリセットすることができます。

  1. エクスプローラーを開きます。
  2. システムドライブ、または他の暗号化されたドライブを右クリックして、「BitLockerパスワードの変更」を選択します。
  3. ポップアップウィンドウで「忘れたPINをリセットする」リンクをクリックします。
  4. 新しいパスワードを設定します。

BitLockerドライブを再フォーマットする

暗号化されたドライブに重要なデータがなければ、BitLockerドライブを再フォーマットすることで問題が解決されます。

以下がドライブのフォーマットを行う手順です。

  1. コマンドプロンプトで検索窓を開き、以下の順番に入力し、各コマンドの後に「Enter」をクリックします。
  2. 「diskpart」
  3. 「list disk」
  4. 「select disk *」※「*」は暗号化されたドライブのディスク名に変更
  5. 「list partition」
  6. 「select partition *」※「*」には暗号化されたドライブのパーティション番号に変更
  7. 「format fs=ntfs quick」

回復キーがわからないときは最悪の場合データを取り出す必要がある可能性があります。

パソコンを初期化する

どうしてもBitLockerが解除できない場合、OSを再インストールしてパソコンを初期化すると起動できるようになります。ただし、パソコンに保存されたデータは全て消去されてしまいます。必要なデータがない場合や、十分なバックアップを取っていない場合はおすすめできません。

パソコンを初期化する方法は以下の通りです。

  1. Windowsメニューを開き、「コントロールパネル」を検索して開きます。
  2. 「システムとセキュリティ」の「管理ツール」から「回復ドライブ」に進みます。
  3. 「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックを入れます。
  4. PCにリカバリメディアを差し、「使用可能なドライブ」に表示されたら、「次へ」をクリックします。
  5. しばらく待ち、「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら、「完了」をクリックします

もしもデータのバックアップを取っていない場合や、突然BitLocker回復キーが求められた場合、データ復旧業者までご相談ください。

▶復旧率95.2%のデータ復旧業者はこちら

デジタルデータリカバリー

公式HPデジタルデータリカバリー

14年連続データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧サービス最大手
復旧率最高値は95.2%と高い技術力
✔依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応
✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰、東京都からの技術革新による表彰など豊富な実績

こちらのデジタルデータリカバリーは、国内で最も規模が大きいデータ復旧業者の1つです。20年以上データ復旧に携わり、累計の相談件数41万件以上、他社では復旧できなかった機器の相談件数も7,000件以上ある実績面で信頼のおける業者です。依頼前に無料で相談・診断・見積まで行ってくれるので、データ復旧業者を探している場合はこちらのデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

BitLocker有効化 / 無効化する方法

重要なデータをドライブに保存した際には、BitLocker機能を有効化して暗号化しておくと安心です。

 BitLockerを有効化する方法

ここではBitLockerを有効にする手順を解説します。

  1. タスクバー左の検索欄に「コントロールパネル」と入力するか、「スタート」ボタン→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックしてコントロールパネルを開きます
  2. コントロールパネルが表示されたら「システムとセキュリティ」→「BitLocker ドライブ暗号化」の順にクリックします
  3. 「BitLockerを有効にする」をクリックすると、「回復キーのバックアップ方法を指定してください。」と表示されるので、任意のバックアップ方法を指定します
  4. 「次へ」ボタンを押し「ドライブを暗号化する範囲の選択」画面が表示されたら、暗号化する範囲を指定します。使用中のパソコンは「ドライブ全体を暗号化する」、パソコンが購入であれば「使用済みの領域のみ暗号化する」がおすすめ
  5. 使用する暗号化モードを指定し、続く画面で「BitLockerシステムチェックを実行する」にチェックを入れて「続行」をクリックします
  6. パソコンを再起動すると、ドライブの暗号化が開始されます

 BitLockerを無効化する方法

ここではBitLockerを無効にする手順を解説します。

  1. タスクバー左の検索欄に「コントロールパネル」と入力するか、「スタート」ボタン→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」の順にクリックしてコントロールパネルを開きます
  2. 「オペレーティング システム ドライブ」欄の「BitLockerを無効にする」をクリックします
  3. 表示された画面で「BitLockerを無効にする」ボタンを選択すると、無効化が開始されます
  4. 表示された画面で「BitLockerを無常する」ボタンを押すと、無効化が開始されます

Windows11の不具合の可能性もある

過去にはWindows11の不具合で起動時に回復キー画面が表示される不具合が発生していました。

Windows11の不具合とは、Windowsのセキュリティ更新プログラムをインストールすると再起動時に「BitLocker」の回復画面が表示されるといったものでした。

現在この不具合は解消していますが、過去の事例からもWindowsアップデートなどで発生した不具合でBitLockerが作動することも考えられるため、改めて回復キーのバックアップを確認しておくと安心でしょう。

よくある質問

BitLockerの回復キーはどこにありますか?

BitLockerが有効化されているパソコンの場合、初期設定したMicrosoftアカウントに保存されるようになっている。 Microsoftアカウントを確認することで、回復キーの確認が行えます。

自力でBitLockerを設定した場合は「Microsoftアカウントに保存する」「ファイルに保存する」「回復キーを印刷する」から選べるので、選んだ保存先を探すと回復キーを発見できます。

BitLocker回復キーがパソコンのツールなどで解除できないのはなぜですか?

BitLocker回復キーはWindowsの保護が目的のため、高度なセキュリティを持つためです。したがってパソコンのツールや市販の解析ソフトではBitLockerの解除が困難になっています。

BitLocker回復キーがわからない場合は、元どおり機器を動作させるためにドライブのフォーマットやOSを再インストールするか、BitLokerを解析し、解除できる高度な技術力を持った専門の業者に相談することで解決できることがあります。

まとめ

今回の記事では、BitLockerが解除できない際のデータ復旧方法を解説しました。

BitLocker回復キーやパスワードを忘れてしまうと、個人でのデータ復号は非常に難しいです。内部に入っているデータの重要度によって、データ復旧専門業者に依頼するかを検討しましょう。

関連リンク

SNSでもご購読できます。